地球を宇宙の衛星から見て、地球の出来事や変化を知る。


   
 mixiチェック


 地球の出来事:ページ数が大きい数字程、最新ページです。
ページを選ぶ



アメリカ東部に豪雪(28.1.23)



強力な冬のストームが、2つの低気圧が合体して、大雪をハバージニアから東部にかけて大雪を降らせる。冬のストームは強力で数州に大雪と洪水をもたらすことが予想される。画像は夜中の暗闇を月の光と町の明かりで特殊撮影したもの。


ISSの宇宙飛行士が撮影したアメリカ東部の大雪の様子



気象衛星がが撮影した大雪雲





西ノ島の火山活動続く(27.7.21)




太平洋
「火山のリング西に沿った火山活動2013 年 11 月後半小さな生成した以来新しい近くに西之島融合成長続けています

画像は (上記) は 2015 年 6 月 21 ランドサット 8 によって取得しましたそれは、短波赤外線赤外線緑色 (オリ バンド 7-5-3)組み合わせたものです。このバンド組み合わせにより蒸気二酸化硫黄噴煙白色に表示されますネイビー ブルー赤い溶岩ホット スポットです。溶岩は、南東に向かって流れています
--NASA(27.7.21)




2015年5月


西ノ島の新島誕生から合体へ



2005年9月25日(下)、2006年8月10日新しい島誕生


2014.3.1
2014年3月1日


2014,3.30
2014年3月30日合体して成長を続ける。


2014.11.25
2014年11月25日現在の西ノ島



ランドサット画像で成長の歴史:2013年12月~2014年12月の期間





キラウエア火山の溶岩、村に近づく(26.10.27)



ハワイ島の上空、右上に溶岩


火山観測画像は溶岩の流れがラホナ村の中心に向かっていることを示している。



この数週間ハワイ島のラホナ村の住民は、キラウエア火山の異常な溶岩の村に接近する流れを心配げに見守っていた。
10月27日に急に北東方向に流れが変わった。今年の夏にできた北東斜面の溶岩の谷を越えて流れができた。28日には、溶岩の流れは、ラホナ村の住宅街に達した。溶岩は時速5mで進んでいる。


溶岩の流れが町を脅かす、パホアに向かう。


溶岩の流れから煙が上がる


ラホナの住宅に近づく溶岩の流れ


住宅のフェンスを越える溶岩


更に侵入する溶岩


溶岩は時速5mで進んでいる。








 中国・北京のスモッグ(26.10.9)






スモッグ(ヘイズ)の厚い層が中国の北部の平野を覆っている。この為下の北京等の都市が霞んで判別できない。
北京のアメリカ領事館の計測では、PM2.5が332mmで危険なレベルに達している。
寒くなる冬にはヘイズは更に濃くなると予想される。 


マスクする人 北京(26.10.24)



マスクをして北京マラソンに参加するランナー(26.10.19)








御嶽山の噴火(26.9.28)




9月27日撮影 中央に白い煙が上がっている。


9月28日撮影 煙は小さくなった。


日本の成層火山の御嶽山は9月27日突然噴火した。NASAの衛星はガスと蒸気を確認し、爆発は蒸気力による水蒸気噴火と推測される。この種の噴火は水が熱せられ蒸気が溜って突然噴火するもので、予期は困難。


予期しない噴火で避難する登山者


御岳山噴火(26.9.27)


御岳山噴火(26.9.27)上空写真


ヘリで救出作業(26.9.29)











ヨセミテ公園の山火事(26.9.7)



赤線は異常な高温地域を示す。750KMの高度からNASAの衛星でヨセミテの火事を撮影。


立ち上る山火事の煙



2014年9月7日に小さな山火事が、強風で突然広がり4倍もの大きさになった。管理人は登山者やバックパッカーの救出にヘリを要請し、85人登山者がハーフドームから救出され、100人のキャンパーがヨセミテバレーから救出された。









ハロン台風・台風11号(26.8.6)



ハロン台風=台風11号は高知県に上陸、東海に大雨を降らした。 


フィリッピンではモンスーンが刺激されルソン島に大雨を降らし、洪水被害が発生した。


洪水に負けず泳ぐ子供達 フィリッピン






ミード湖の縮小が続く(アメリカ)(26.7.26)




2014年8月4日現在



2014年7月26日撮影



2013年6月16日の撮影画像







西ノ島の火山活動で拡張続く(26.7.4)



26年8月26日 溶岩マウンドを形成



平成26年7月4日の衛星画像

前の西ノ島を見る






ISSから地球を見る:ISSのライブHD映像(NASA提供)




 ISSのライブ映像(ISSの位置表示と、ISSから見る地球の姿)を見る。

NASAが2014年5月から、試験的にISSの4つの撮影角度の異なるカメラを定期的に自動変換してHDEV画像を撮影の上、配信されている映像。
ライブビデオ映像と言っても、リアルタイムのタイミングで配信をしているので、ライブ画像と同じ映像。
画像が灰色の場合は、通信の不具合や、撮影する地球の箇所が夜の範囲に入ると、画像が無く灰色画面となる。 必ず復旧し(最長30分)美しい地球の姿を楽しめるので、一度休みを入れて、再度トライしてください。。

【註】上記の画像が接続できない場合、ユーストリームの環境が不備の場合があります。フリーの最新版 Adobe Flush Playerソフトをダウンロードして環境を整えた後、ご覧ください。





下蘭にISSの経度、緯度 高度、速度 及び 時間が表示されている。宇宙飛行士の感覚を体験できる。
   
東京時間    UTC時間


ISSの位置を示すライブビデオを見る






ボン大学のISSライブビデオ映像(26.6.4)




ドイツのボン大学がHDEV資料を基に、コロンブスアイと呼ぶプログラムを配信。

 ボン大学(ドイツ)のライブビデオを見る




 コロンブスアイ:ISSの位置表示がグーグルマップ上で表示。
ボン大学(ドイツ)のライブビデオを見る







バルカン半島で洪水(26.5.16)







全体画像 ボスニアヘルゼゴニア







砂嵐 中国(26.1.14)



中国の砂嵐 拡大画像



中国砂嵐 全体画像






アメリカ・カリフォルニアの干ばつ・2013年と比較(26.1.18)



2014 年 1 月 18 日に撮影
大型画像



2013 年 1 月 18 日で撮影
大型画像



2013 カリフォルニア乾燥した年だ2014 年までのところ何も降水がない1 月カリフォルニア記録最も乾燥した記録を更新しつつあり、水量12 月 2 月半分しか降水していない
従って 2013年 ~ 2014 年は記録最も乾燥したことになる。 ビューカリフォルニア州知事は、1 月 17 日に、エドムンド ・ ブラウン節約するためカリフォルニア州 緊急事態宣言した

画像は、2014 年 1 月 18 日撮影、肌は茶色景色、画像2013 年 1 月 18 日撮影したもので対比すれば干ばつは明らかだ。

2 年間最も顕著な違いの降雪の違いだ。シエラネバダ山脈には非常に少ないで、沿岸範囲カスケード山脈にほぼ完全にがないカリフォルニアから供給 3 分の 1 を取得するが暖かい乾燥した天候少し雪しか残っていない2014 年 1 月の降雪は通常の 10 30% 。 降雪はいくつか要件から決まり、1 つか2つストームで違いがある2013 年の雪はこのストームによるもので、広範囲にわたる降雪しだけなくネバダ州の東の平地にも降った。2013 年の春まではシエラ ・ ネバダは平均以下の少ない積雪で干ばつになっていた。
---NASA(26.1.18)


アルマデン貯水湖、サンホセ わずかに水が残っている。


アルマデン貯水湖、サンホセ 干上がって底が見える。



アルマデン貯水湖、サンホセ、干上がってヒビが入る。














「火山のリング」に新島誕生(25.12.24)・西ノ島の新島





太平洋「火山のリング西部に沿った火山活動は、 2013 年 11 月に小さなもたらした。東京から 1,000 キロメートル (600 マイル)離れた小笠原諸島の西ノ島に位置し新しい日本領土一部と見なされる
新しいは、 2013 年 11 月 20 日最初から上昇した火山噴火が報告された最後噴火したしのは1973年 大規模な海底火山の一環で頂上は西之島隣接している継続的な噴火新しいを成長させ2 つすぐに 1 つ融合するだろう
大画像を見る。



西ノ島に合体した新島(26.1.3)



時折爆発する新島の火山(25.12..21)



新島は当初より5倍の広さに成長(25.12.18)








新島誕生(25.12.8)





新しい 日本語「新島」)は、2013 年 11 月 20 日最初から上昇した火山噴火が報告された新しい最後噴火した時は1973年でもう 1 つ火山西之島から 500 メートルの位置にある2 つ 27 ° 14' 緯度140 ° 52' 経度で最も近いから 130 キロ (80 マイル)位置している有人
 大画面の画像を見る。



新島(25.12.13)





新島は甲子園の広さへ拡大(25.12.8)




西ノ島(左)と新島(右)(25.12.1)




西ノ島と新島(25.12.1)



新島誕生(25.11.26)




新島火口が2か所(25.11.23)



海底火山爆発(25.11.22)



西ノ島付近で海底火山爆発(25.11.20)








 地球の出来事:ページ数が大きい数字程、最新ページです。
ページを選ぶ




【資料提供先の説明:】

NASA、ナショナルジオグラフィ、ロイター、yahoo、google、BBC、他