次世代再生可能エネルギー最新情報

新しい再生可能エネルギー応用、総合編


   
 mixiチェック

   最新ニュース



ようやく発電量の1.6%、圧倒的に少ない日本の再生可能エネルギー

政府が進めるエネルギー改革は、生産・流通・消費の3段階に分けて実施する。このうち生産段階で最も重要な課題が再生可能エネルギーの拡大だ。2012年7月から固定価格買取制度を開始して、太陽光発電を中心に導入量が急増した。ところが国全体の生産量(総発電量)に占める割合は依然として低く、2012年度でも1.6%にとどまっている(図1)。

図1 総発電量に占める再生可能エネルギーの割合。出典:資源エネルギー庁

 種類別の内訳をみると、バイオマスと風力が各0.5%、地熱が0.3%、太陽光が0.4%である(四捨五入の関係で合計は1.6%にならない)。太陽光は2011年度から倍増して、再生可能エネルギー全体の増加分のほとんどをカバーした。2013年度も太陽光が大幅に増えることは確実だ。

 というのも固定価格買取制度の認定を受けた発電設備のうち、まだ運転を開始していないものが数多く残っていて、2013年2月までに運転を開始した設備の7倍の規模がある。特にメガソーラーをはじめとする非住宅用の太陽光発電が1000万kW以上もあって、大半は2013年度中に運転を開始できる見込みだ(図2)。

 かりに1000万kWの太陽光発電が運転を開始すると、年間の発電量は100億kWh程度を見込むことができ、2012年度の太陽光発電の約2.5倍に相当する。単純計算では1.0%の増加要因になる。おそらく2013年度の再生可能エネルギーの割合は3%に近い水準まで上昇するだろう。



図2 固定価格買取制度の認定を受けた発電設備(画像をクリックすると拡大)。出典:資源エネルギー庁

 それでも欧米の主要国と比べると、まだ圧倒的に少ない(図3)。水力を除いた比率で比較すると、2000年に固定価格買取制度を開始したドイツは14.7%、1994年から開始したスペインは18.5%に達している。日本と同様に火力の割合が大きいイギリスでも6.2%ある。

図3 主要国の電源構成(画像をクリックすると拡大)。出典:資源エネルギー庁

 アメリカは4.4%だが、日本以外の各国のデータは2年前の2010年時点のもので、現在はもっと高くなっている。日本の当面の目標として、2020年には水力を除く再生可能エネルギーで少なくとも10%、水力と合わせて20%以上の比率に高める必要がある。

 日本はアメリカなどと比べて国土が狭く、再生可能エネルギーの発電設備を導入する用地は限られている。にもかかわらず農地法をはじめ土地の利用条件を制限する法律や規制が数多く残っていて、導入の妨げになるケースが多い。既存の産業や環境を守る一方で迅速な規制緩和が求められている。
−−−ITメデイア(25.7.1)






米国・再生可能エネルギーに取り組む小さな町、エネルギー自給を目指して


再生可能エネルギーに町の将来を賭けていくつかのプロジェクトを始めた米コロラド(Colorado)州ファウラー(Fowler)。しかし大型プロジェクトの中でこれまでに実現したものはない。町の執行部は交代し、最初の太陽光パネルを設置した企業は州政府の太陽光発電補助金がなくなった後に解散した。グリッド・ニュートラルという目標は道半ばで行き詰まった。

コロラドの村で 自足発電
コロラド州・東部

■計画通りには実現しない夢

 これは珍しい事例ではない。「BioTown USA(米国のバイオタウン)」というキャッチフレーズを掲げたインディアナ(Indiana)州レイノルズ(Reynolds)は2000年代半ば、レイノルズのエネルギーを全て再生可能エネルギーで自給するというプロジェクトに着手した。電力だけではなく暖房や自動車の燃料も再生可能エネルギーで賄うことを目標とし、ミッチ・ダニエルズ(Mitch Daniels)インディアナ州知事の支持も受けて、大型プロジェクトが次々とその形を現し始めた。

 レイノルズは嫌気性細菌を利用する汚物処理施設の建設計画に取り組んだ。半径15マイル(約24キロ)圏内に豚15万匹を抱えるレイノルズに適した計画だったが、物流がネックになった。

 2011年にレイノルズ近くの牛の牧場にある大型発電施設が稼動開始したが、その施設はレイノルズの外にあり、しかも発電した電気は既存の送電網に送られている。そこではレイノルズで消費されるより多くの電気を生み出しているので、ある意味で当初の夢は実現したと言えるかもしれない。ただ、それは当初の計画とは違っていた。

 発電施設は副次的な恩恵ももたらした。同地域での新プロジェクト実施に関心を示す企業が出てきているのだ。「(発電施設稼働の)広報効果は良い。レイノルズは人々の注目対象に残っている」と、レイノルズでバイオタウン計画が動き始めたとき町のプロジェクト責任者だったジョン・ハイムリック(John Heimlich)氏は語る。

■現実的な望みを

 ウェイン・スナイダー(Wayne Snider)氏は現在、コロラド州の他の町と共同で風力発電と太陽光発電を設置するプロジェクトを進めている。嫌気性細菌を使った設備の設置もまだあきらめていない。

「電力の自給ができなくても、今より安い料金で電力を提供できるようになれば、この町に移住したいという人が現れるくらい人々をひきつけるはずだ」とスナイダー氏は語る。ファウラーが計画通りに2000キロワットの太陽光発電所を建設していれば、電力料金は現在の1キロワット時当たり15セント(約12円)程度から6セント(約5円)にまで下げることができたはずだという。

 ファウラーとレイノルズから得られる教訓は、「現実的な望みを持とう」という単純なことかもしれない。メリーランド(Maryland)州プールズビル(Poolesville)のタウンマネージャー、ウェード・ヨスト(Wade Yost)氏は、町の中心部に省エネ型のLED街灯の設置を始めた。そこから再生可能エネルギープロジェクトを育てて行こうとしている。

コロラド 次世代再生エネルギー利用村実験

 次のプロジェクトとして、町の下水処理場に1500キロワットの太陽光パネルの設置を計画している。年間6万5000ドル(約520万円)に上る下水処理場の電気料金を大幅に減らすことを目指して、企業からの提案を受け付けているところだ。「全部をつなげて、本物のグリーンコミュニティーを作り上げたいんだ」とヨスト氏は語った。
 ーー AFP(24年5月16日】)c)RenewableEnergyWorld.com/Dave Levitan/AFPBB News








 海外の動向


仏コルシカ島、次世代発蓄送電施設『プラットホーム・MYR

水素を利用した次世代型発蓄送電システムの実証実験施設「MYRTE」が、フランス南部のコルシカ島に開設されました。太陽光発電で生まれた電力を水素に変換して貯蔵、需要に応じて電力に再変換して送電網に送るしくみです。例えば、電力消費量が少ない日中には、電力が水素と酸素に変換されます。夜間に需要が増えると、燃料電池が日中と逆の働きをして発電します。こうして電力網のよりよい管理と安定化を図ります。
コリしか島 次世代送電・蓄電装置

現在、MYRTEは200世帯分の電力供給が可能です。このシステムを実際の使用条件下で実証できる第一歩となります。

情報提供:在日フランス大使館
−−ヨーロッパ旅行情報


ウォルマートは再生可能エネルギーと廃棄物利用発電に取り組む

小売大手のウォルマートは、"廃棄ゼロ"組織になるという目標に向かい、それを再生可能エネルギーとして利用に取り組んでいる。同社の報告書は、2010年はウォルマートなどの太陽電池パネル、燃料電池、マイクロ風力タービンなどを現場で再生可能エネルギーとして、ウォルマートの建物で使用された電力は、1.1億キロワット時間(kWh)を利用したと述べた。 送電グリッドを通じて購入し同社は再生可能エネルギー源から電力を22パーセント供給すると言う。

ウオルマート 次世代再生可能エネルギに取り組む
ウオルマートの屋根に取り付けられた太陽電池

ウオルマート テラサイクル 回収箱
テラサイクルと名つけられたウオルマートに回収ボックス






英国、世界最大級の『サネット洋上風力発電所』始動

◆英国、世界最大級の『サネット洋上風力発電所』始動!


 英南東部沖の北海で平成23年9月23日、世界最大の洋上風力発電所が始動した。沖合い約12キロに、高さ115メートルの巨大タービン100基が35平方キロにわたって立ち並ぶ。

英国 最大の風力発電 サネット

サネット海上風力発電所 英国

 英政府の二酸化炭素排出量削減策の一環で作られたサネット洋上風力発電所(Thanet Offshore Wind Farm)は、スウェーデンの電力会社バッテンフォール(Vattenfall)が建設を担当。発電容量は20万世帯分の電力をまかなえるという。英国の風力発電容量は3割以上増える。

 今後、タービンは341基まで増やす計画で、最終的に発電容量は300メガワットとなる見込みだ。 
 
 −− (AFP)
−−ヨーロッパ旅行情報






 中東の再生可能エネルギー事業

アラブ首長国連邦(UAE)で、太陽光発電、太陽熱発電、太陽熱冷房、風力発電といった再生可能エネルギー関連のプロジェクトが一斉に立ち上がっている。同国は潤沢な化石資源を持つものの、それは外貨獲得手段として温存する戦略をとっている。そして将来、化石資源が枯渇した時代に備え、豊富な資金を投下することで再生可能エネルギーなどの新分野でも主導権を握ろうとしている。
日本でも現政権が再生可能エネルギーの国内への導入スピードを上げる方針を打ち出しており、さらには中東などの海外市場でインフラ事業の拡大を狙うという面でも、UAEの取り組みは参考になるだろう。
UAEが再生可能エネルギー事業に大きく舵(かじ)を切ったのは、2006年。ムハンマド皇太子の主導で「マスダール・イニシアティブ」と呼ばれる再生可能エネルギーなどの新しい資源開発の方針が打ち出され、その実施主体として、政府系投資ファンドのムバダラ開発を母体とし、アブダビ・フューチャー・エネルギー・カンパニー(ADFEC)が設立された。


マスダールシテイ外観図


マスダールシテイ 本部建物


マスダールシテイ 科学・技術センター
ADFECでは、(1)究極の環境未来都市を目指した「マスダール・シティ」の建設、(2)再生可能エネルギー研究の世界拠点の創設、(3)世界の再生可能エネルギー事業に投資――という三つの事業を主に進めている。このいずれの事業でも、中核になるのは再生可能エネルギーだ。
■再生可能エネルギー100%の環境未来都市
このうち第1のマスダール・シティは、2006年から建設が進められているが、ドバイショックに端を発する資金不足などの影響で、2010年10月に事業費の縮小などの計画変更が行われた。それでも、想像を絶するような巨大プロジェクトであることには変わりはない。187億〜198億米ドルの総事業費をかけて、面積約6.5km2(平方キロメートル)の土地に人口約5万人の人工都市を2020〜2025年にかけて完成させる。その最も重要なポイントが、同シティ内で使う電力をすべて再生可能エネルギーで賄う構想である。
現在、同シティ内には、出力10MW(メガワット)の太陽光発電所(メガソーラー)が建設され、2009年に稼働を開始した(図1)。2011年6月にはほぼフル稼働状態になり、これまでに3万6000MWhの電力を供給した。クリーン開発メカニズム(CDM)に基づいたカーボンクレジットに参加し、これまでに2万4000トンの二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献した。

マスダールシテイ 中東 メガソーラー
マスダール・シティで建設された10MWメガソーラー。5MW分は米First Solar社、残りの5MW分が中国Suntec Power社製である。研究所の各施設に電力を供給しているほか、アブダビの系統電力網にも電力を流している
ーー日経新聞(23.8.8)


マスダールシテイ、建築中の様子







ドイツ、ブレーメン、最新のソーラーシステムを誇る『ヴェルダー・スタジアム』

かつて奥寺選手が活躍したブンデスリーガの名門SVヴェルダー・ブレーメンのホームサッカー競技場は、2008年に改築に入り昨年に工事を終了し、環境に優しいモダンなサッカースタジアムに変身しました。
ソーラーエネルギー利用のエコ競技場としてはフライブルクが有名ですが、ブレーメンはパネルを単に屋根に置くことはせず、ソーラーモジュールを建築的に美しく屋根やファサードに組み込んでいます。フライブルクの施設の発電量が年27万kwに対し、ブレーメンのスタジアムは100万kwあり、年間500トンのCO2削減に貢献しています。



観客席とピッチの距離を短くするなど、さまざまな改善をほどこし、グリーンでピュアなサッカー競技場に生まれ変わりました。

ヴェルダー・スタジアムは市内から近いヴェーザー川の畔にあり、中央駅からトラムで容易に行くことができます。
スタジアムの見学(ガイド付)には事前予約が必要で、所要時間は60-90分。博物館見学所要時間は約30分。 料金:10名以上の団体で1人6ユーロ(博物館見学込み)。

情報提供:ドイツ観光局
−−ヨーロッパ旅行情報










デンマーク、再生可能エネルギーアイランド『サムソ島』

 デンマークのサムソ島は、面積114km2、人口約4,000 人の小島である。自然が豊かで美しい島であるため、夏季には多くの観光客が訪れる。1997 年、このサムソ島は、デンマーク全国規模のコンペで「再生可能エネルギー島」に選ばれた。サムソ島の目標は、1998 年からの10 年の間に、すべてのエネルギー供給を再生可能エネルギーに転換することにあったが、現在自然エネルギーにより暖房と電気エネルギーの100%自給自足を実現している。

デンマーク再生可能エネルギーランド サムソ島

デンマーク サムソ島 再生可能エネルギー

 自動車やフェリーなどの燃料を再生可能エネルギーで賄うことは、困難なことであるが、サムソ島では、2003 年に10 基の風車からなる洋上風力発電所が稼動し始め、ここで生産されるエネルギーの量は、現在のサムソ島における運輸部門が消費するエネルギーと同等の量となっている。




★再生可能エネルギーへの転換のための対策

●電力生産を、風力および分散型CHP(電熱供給)によって行う。
●バイオマス、太陽熱、余剰熱をエネルギー源とする地域暖房を導入する。
● 農村地帯には、それぞれ地域にあった再生可能エネルギーを導入する。
( 例えば、太陽光、バイオマス、ヒートポンプなど)
●将来のエネルギー消費を省エネルギー対策によって抑制する。
●運輸部門において再生可能エネルギーを導入する。

「サムソ エネルギーアカデミー(Samso Energy Academy)」では、再生可能エネルギーへの転換という島の政策、ならびに具体的なエネルギーの自給自足に向けた取り組みについてレクチャーを受けることができる。


情報提供:スカンジナビア政府観光局 Photo: (c)spiegel.de
−−ヨーロッパ旅行情報









日本の動向


再生可能エネルギー・次世代送電網がカギ

 再生可能エネルギー普及に向けた課題は?

 A 発電コストが高く、1キロワット時あたりで天然ガスが6〜7円、原子力が5〜6円に対して、太陽光は49円、風力が9〜14円だ。普及が進むほど下がるが、それまでの間は財政的な支援が必要とされる。

発電コスト比較
出典;エネルギー白書2010年



出典;開催電力

次世代送電システム スマートグリッド
出典;アメリカ 2025年コスト比較予想

 欧州では風力発電が再生可能エネルギーの主役となりつつあるが、平地や遠浅の海が少ない日本の場合は立地可能な場所が限られている。規制を緩和して国立公園での風力発電を認めるべきだという意見もあるが、景観が悪化するとして反対も根強い。

 Q 電力網への影響は?

 A 太陽光や風力による発電は天候によって出力が大きく変動する。天気のよい日や風が強い時などに大量の電気が送電網に流れ込むと、周波数や電圧に悪影響を与えかねない。そのため送電網に蓄電池をつないで充放電したり、情報技術(IT)で家庭や事業所の電力消費を制御したりすることで、電力需給をバランスさせる次世代送電網(スマートグリッド)の整備が必要といわれる。経済産業省によると、こうした対策には2030年度までに4.6兆〜6.7兆円かかるという。


次世代送電網・スマートグリッド概念図


スマートグリッド
アメリカのスマートグリッド概念図

 Q どういう技術革新が期待されているの?

 A 海の上に風車を浮かべて発電する方法や、海の潮力を利用した発電、さらには宇宙に太陽光パネルを打ち上げて電磁波を使って発電した電気を地上に送る方法など、様々な研究が進んでいる。ただ、いずれも実用化にはかなり時間がかかりそうで、政府の温暖化対策で最も大きな効果が見込まれているのは原子力の着実な推進だ。
−−−朝日新聞(23.2.21)









福島沖に「浮体式洋上風力」


福島県の沖合約20kmの太平洋上に、2013年以降、巨大な風力発電設備が次々とお目見えする。
東日本大震災で事故のあった東京電力福島第1原子力発電所からも30kmほどの距離。
まず、2013年に2000kW、2014年に7000kW、2015年には数千kWクラスの風車を順次、設置する。
総事業費は188億円。東日本大震災復興関連の2011年度第3次補正予算で開始が決まった
「浮体洋上ウインドファーム実証研究事業」だ。

浮体式洋上風力発電 福島沖
浮体式洋上風力発電機

新潟次世代エネルギーパーク

新潟県は、日本のエネルギーを支える火力、水力発電から、メガソーラーや風力発電所などの再生可能エネルギーまで、多くのエネルギー関連施設がそろっており、これらを新潟県次世代エネルギーパークの構成施設としています。

新潟次世代再生エネルギーパーク
次世代年エネルギーパークイメージ図

○ 環境教育の推進
 自然科学系の博物館などとも連携を図り、太陽光等の再生可能エネルギーをはじめとした次世代エネルギーに関する理解を深めていただくとともに、体験学習により、地球環境と調和したエネルギーのあり方を考えるなど、環境教育を推進していきます。