ブラッドカンパリ トムコリンズ

 一味違った、自分のオリジナルのマイカクテルをエンジョーイ


エンジョーイ・マイ・カクテル:ページの選択
選択する。


スクリュウドライバー


【レシピ】
1.ウオッカ:1.5
2.オレンジジュース:  3
3.ガーニシュ(飾り物):スライスしたオレンジ
4.アイスキューブ

アメリカでオレンジニュースの缶にウオッカを入れて飲んだのが始まりと言われる。作り方も簡単でドライバでかき回すだけ故スクリュードライバーの名の所以。





【本格派レシピ】
1.ウオッカ:1.5オンス
2.オレンジジュース(フレシュオレンジを絞ったジュースがお勧め): 3オンス
3.ガーニシュ(飾り物):スライスしたオレンジ
4.アイスキューブ

グラスに氷を入れ、ウオッカを注ぐ、オレンジを入れる、オレンジをスライスを飾り
作り方の難易程度 簡単、用具も不要
美味しさ オレンジ味のドライな飲み口
強さ やはりウオッカは強い


量の測り方・入れ方の説明
オンス:1オンス(量)=約30cc 目安としてコップの1/3程度
標準的なメジャーカップ(msr)は、1/6ジルでほぼ1オンス。 2つあるメジャーカップの場合大きい方
ダシュはオトルをひとふりした時出る量



ウオッカをジンに変えると:
ウオッカがなくて代わりにジンを入れるとれっきとした別のカクテルになります。その名もゴールデン・ジンと呼ばれています。


ゴールデンジン

ブランデイを入れるのもあります。バーントオレンジと言われ、ブランデイとオレンジージュースをステアするもの。火をつけてムードを出す演出もできます。


バーントオレンジ




ブラッドショット


           
【レシピ】
1.ウオッカ : コップ1/5 
2.濃縮コンソメ:  2/5
3.トマトジュース: 2/5
4.レモンジュース: 1振(スプーンの1/4)
5.ウスターソース: 1振(スプーンの1/4)








【本格派レシピ】
1.ウオッカ : コップ1オンス
2.濃縮コンソメ:  2オンス
3.トマトジュース: 2オンス
4.レモンジュース: 1ダシュ
5.ウスターソース: 1ダシュ
8.ガーニシュ(飾り物): キュウリのスライス又はセロリのステイック
7. タバスコソース、胡椒

1〜5とクラシュトアイスをシェーカーに入れて、よくシェイクし、ストレーナーで濾しながらグラスに注ぐ。

作り方の難易程度 材料は手軽、作り方は簡単、用具も不要
美味しさ トマトとコンソメで味わいがあり、口当たりがいい飲み口
アルコールの強さ 少し強い

ウオッカの代わりにジンを入れると:
ブラッデイ・サムという名になりますが、これにはコンソメは入ってません。
コンソメを入れないと:
ブラデイ・マリーになります。 ウオッカのないノンアルコールはバージン・マリーという名のカクテルになります。




ロングアイランドテイー

【レシピ】
1.ジン: 1
2.ウオッカ: 1
3..ラム : 1
4.テキーラ: 1
5.レモンジュース: 2
6.キュラソー(ホワイト):2スプーン
7.砂糖: 1スプーン
8.コーラ: 3






【本格派レシピ】
1.ジン: 1オンス
2.ウオッカ: 1オンス
3..ラム : 1オンス
4.テキーラ: 1オンス
5.レモンジュース: 2オンス
6.グランガラオレンジキュラソー: 1/2オンス
7.シュガーシロップ: 1スプーン
8.コーラ: 3
9.ガーニシュ: レモンの輪切り、チェリー
作り方の難易程度 種類が多く簡単ではないがその価値は十分ある
美味しさ さわやかでおいしい口当たり、いろいろな味を味わえて、楽しい
強さ 強いお酒のオンパレードで、強さ納得。


名前はお茶ですがだまされていけません。
色が紅茶ににているのでテイと呼んでいます。




モヒート(MOJITO)

【レシピ】
1.ラム(ホワイト): 2
2.ソーダ水: 2
3.ライムジュース: ライム1/2個分する潰す
4.ミントの葉: 4〜5枚
5..ガーニシュ(飾り物): ミントの芽
6.砂糖: スプーン1杯
7.クラシュトアイス





【本格派レシピ】
1.ホワイトラム: 2オンス
2.クラブソーダ: 2オンス
3.ライムジュース: ライム1個分ユースに絞る
4.ミントの葉: 4〜5枚
5..ガーニシュ(飾り物): ミントの芽
6.パウダー砂糖:スプーンT匙
7.クラシュトアイス
作り方の難易程度 少し手間がかかるが、ラム酒とライムがあれば、あとは好きなフルーツを入れてお好みのモヒートがお勧め
美味しさ ライム香りとラムの甘さで発祥地のキューバを思わせる南国の味がするさわやかな飲み口
強さ しっかりした飲み心地


作家のアーネスト・ヘミングウェイがモヒート愛したことでは有名で、彼の好んだレシピはドライ・ラムにライム、ミントの葉、砂糖ではなくシロップに2ダッシュのビターズであった。




アイリシュコーヒー

【レシピ】
1.ウイスキー: 2 
2.コーヒー: 5
3.砂糖: スプーン2匙
4.ウイップトクリーム(又はクリーム): コップ一派に満たす
5.熱くしたグラスに1〜4を入れる。







【本格派レシピ】
1.アイリシュ・ウイスキー: 2オンス
2.コーヒー: 5オンス
3.ブラウンシュガー: スプーン2匙
4.ウイップトクリーム(又はクリーム): 1オンス
5.熱くしたグラスに1〜4を入れる。
温めながら、ステアするが、熱すぎてはいけない。
作り方の難易程度 コーヒーがあれば簡単にできるが、甘さと苦さのバランスは微妙
美味しさ コーヒー味で体が温まる飲みもの
強さ ホットウイスキー程度



キール

【レシピ】
.スグリノ(カシス)リキュール: 1
2.白ワイン(辛口): 8

ワイングラスにリキュールを入れ、白ワインで満たす。

チョイス:
リキュールが多めだと甘口、白ワインが多めだと辛口になる。

ヴァリエーション
赤ワインだとキール・カーデイナルと名がつく。
リキュールの代わりに、シャンペンだと、キール・ロワイアルとなる。








【本格派レシピ】
1.クレーム・ド・カシス: 1/4オンス
2.白ワイン(ブルゴーニューの辛口): 2と1/4オンス

作り方の難易程度 カシスのリキュールがあれば、簡単そのもの、特別な用具なしで作れる
美味しさ ベリーの味を楽しめるワイン軽い飲み口、食欲増進
強さ ワインと同じ



マルガリータ

【レシピ】
1.テキーラ: 3
2.レモン又はライムジュース: 2
3.オレンジのリキュール: 1
4.レモン又はライムの絞り汁
5.ガーニシュ: レモンのスライス、ライム







【本格派レシピ】
1.テキーラ: 1と1/2オンス
2.レモン又はライムジュース: 1オンス
3.トリプルセック又はコアントロー: 1/2オンス
4.レモン又はライムの絞り汁
5.ガーニシュ: レモン又はライムのスライス、

グラスの縁にレモンジュース―で拭いて、塩をつける。シェカーに1〜4とアイスを入れてよくシェークして、ストレーナーを通してグラスに注ぐ。レモン又はライムのスライスで飾る。
2.のジュースのフレシュさが味の勝負になる。
作り方の難易程度 手間がかかるが、トライする価値は十分ある。
美味しさ 代表的なカクテルで、人それぞれ好みの、組み合わせを試す面白さがある。
サワーで、単純な味、左程美味ではないが、アルコール分が高く、ドライであきない飲み口
強さ テキーラとライムの香りで飲みごたえがある


テキーラベースの人気のカクテル:
マルガリータはテキーラべースで人気のカクテル。アメリカで必ずトップ5に入る人気のカクテルだが、日本人向けとは言い難い。 テキラーを知るにはいいチャンス。



                       
            

  註:ページ数が大きい数字程、最新ページです

次ページへ




最新情報&更新情報

2012.5.23 新たにエンジョーイ・マイカクテルを掲載

2014.12.20 関連の酒類、用品、材料をネット販売