福島原発事故後の1号機、2号機,3号機,4号機の状況の変化を時系列で観る、最新画像を観るページ(アイ・マート)

                                 福島原発破壊した4つの原子炉  福島原発 1号機2,3,4号機の状況の推移 P1 時系列で進展状況を見る   お問い合わせ

ページ数が大きい数字程、最新ページです。
ページ選択


        本ページの目次

福島原発全景(25.2.10現在)

福島第一原発2009年9月撮影
         

左から1号機〜4号機(事故直後、23.3.20撮影)

左から1号機〜4号機(23.4撮影)

海に向かい撮影、左から1号機〜4号機(23.9撮影)
4号機原子炉ウエル底部撮影
現在(平成24年1月31日)上空画像・左から1号機〜4号機

事故前(平成21年11月15日)左から1号機〜4号機




平成25年2月10日撮影、左から1号機〜4号機
   
平成25年2月10日撮影 左下から1号機〜4号機右上                                                     全景、敷地内に多量の汚染水タンクが見える。                                              
     


1号機 2号機 3号機 4号機


平成23年3月の状況

1号機(23年3月20日撮影)

2号機(23.3.20)

3号機(23.3.20)

4号機(23.3.20)

1号機(23.3)

2号機(23.4.12)


3号機(23.3..24)

4号機(23.3..24)

1号機(23.5.22)

2号機(23.4.29)

3号機(23.3.24)

4号機(23.6.21)

1号機カバー骨組み立ち上がり(23.9.11)

2号機(23.5.5)

3号機
4号機 平成24年1月 画像
4号機(23.9)




平成23年11月状況

1号機(23.10..14)

2号機(23.11.6)

3号機(23.9.24)

4号機(23.12.16)

状況説明図 (23,10,17日現在)

状況説明図 (23,10,17日現在)

状況説明図 (23,10,17日現在)

状況説明図 (23,10,17日現在)



平成24年1月の状況

1号機建屋カバー完成(23.10.21)

2号機(24..1)

3号機(24.1.10)

4号機(24.1.10)


原子炉の現況図説(24.1.24現在)


原子炉の現況図説(24.1.24現在)


原子炉の現況図説(24.1.24現在


原子炉の現況図説(24.1.24現在




福島第一原発配置図・上空全体画像

福島第一原発全体・上空画像クリックで拡大

1〜6号機簡易見取り図

全体配置図・名称入りクリックで拡大

1〜4号機上空画像(上から1号機)クリックで拡大

平成24年1月31日現在

事後前(平成21年11月15日)

事故前・事故後比較画像


最新構内状況(平成25年2月)

平成25年3月7日構内配置図

構内放射線測定マップ(25年3月)

モニタリング(現在の構内の放射線量)をみる。


中期ロードマップ進捗状況(24年10月22日)

モニタリングポスト位置図
モニタリング(現在の構内の放射線量)をみる。




福島第一原発状況・動画(24.2.27現在)
上空・1号機と汚水タンク群(18sec 24.2.28) 上空・2号機(5sec. 24.2.28) 上空・3号機(9sec. 24.2.28) 上空・4号機(8sec. 24.2.28)


号機別不明 号機別不明 号機別不明(3号機が最大) 4号機不明
排出放射線量:合計:約0.6億Bq(ベクレル)/時(23.11.26東電資料)   東電資料(測定方法など)を見る
1号機:約0.1億Bq/時
2号機;約0.1億Bq/時
3号機;約0.4億Bq/時
4号機不明
排出放射線量:合計:約0.6億Bq(ベクレル)/時
(23.11.26東電資料)
 
排出放射線量:合計:約0.6億Bq(ベクレル)/時
(23.11.26東電資料)
 
排出放射線量:合計:約0.6億Bq(ベクレル)/時
(23.11.26東電資料)
 


最新・排出放射線量:合計:1千万Bq(ベクレル)/時--24.2.26東電資料


1号機:0.003億ベクレル時






2号機:0.05億ベクレル毎時






3号機:0.05億ベクレル毎時
4号機:未発表
1〜3号機合計の放射線放出総量:最大約0.1億ベクレル
(平成24年2月以降)
1〜3号機合計の放射線放出総量:最大約0.1億ベクレル
(平成24年2月以降)
1〜3号機合計の放射線放出総量:最大約0.1億ベクレル
(平成24年2月以降)






各炉のアクセス調査・動画(24.3)

1号機建屋内部ロボットで撮影(23.4.29)

2号機トーラス室アクセス調査(24.3.16)

3号機トーラス室アクセス調査(24.3.16)

4号機原子炉-ウエル底部にがれき(24.3.17)



各炉の放射線放出量(23.3)
放射線放出量1号機(23.3) 放射線放出量2号機(23.3) 放射線放出量3号機(23.3) 放射線放出量(23.3)

1号機13京ベクレル
福島第一原発事故で、昨年3月12日〜31日の期間の
大気への放射性物質量放出量

2号機36京ベクレル
福島第一原発事故で、昨年3月12日〜31日の期間の
大気への放射性物質量放出量

3号機32京ベクレル
福島第一原発事故で、昨年3月12日〜31日の期間の
大気への放射性物質量放出量
放射線汚染の主なもとは2号機
福島第一原発事故で大気に放出された放射性物質の総量を90京(けい)ベクレル(京は兆の1万倍)とする試算結果を発表した。(24.5.25)


放射線汚染水対策不明
対策の遅れ、汚染の垂れ流しの原因追求は後回し 最大の汚染源だが、具体的対策が見えない!! 次の汚染源だが、調査しただけで対策みえず 危惧されるリスクの数々

1号機漏えい説明図(24.5.23)


@格納容器下部から水漏れ判明したが、トーラス室は、濡れた個所はないので−−−今までの画像は中地下階の通路のみで冷却水はこの下にある。
−−どこに水漏れは漏れているのか?−−トーラス室に溜まっている。(下記のトーラス室の水位測定を参照)
A地下への漏れをチェックしたのか?

2号機地下トーラス室内 下方向
2号機原子炉建屋地下階トーラス室内調査、トーラス室内下方

2号機地下トーラス室内 北側通路
2号機原子炉建屋地下階トーラス室内調査、南通路上方
(東電提供4.20)
3号機格納洋子ハッチ部分漏えい個所
漏えい個所か(東電4.20)

3号機書くのっ容器ハッチ
3号機原子炉格納容器機器、ハッチ調査箇所
格納容器ハッチの様子・漏えい個所か(東電帝京4.20)

@使用済みプールの支持補強は万全か?
A原子炉ウエル、使用済みプールなど全て丸出しだが、こでいいのか?
福島原発構造説明図
福島原発の構造説明図(周囲はコンクリート)

原子炉事故御説明図
福島原発事故の説明断面図
原子炉断面説明図
福島原発の基本構造図
1号機トーラス室水位計測
4号機構造断面図





いずれ溢れる冷却水を懸念
1号機冷却水量と流れ 2号機冷却水量と流れ 3号機冷却水量と流れ 冷却水量と流れ
3号機冷却 毎日120トンか?
2号機冷却 毎日220トン
1号機冷却 毎日160トン
冷却水循環概要図
問題点:@循環に使用しない汚染水の貯水場は3ケ月で満杯
A地下水の流入原因の追及、注入量と還流される量と一致するのか?
B地下に漏れてない保証はできるのか?
1号機:毎日160トンの水を注入 2号機:毎日220トンの水を注入 3号機:注入量不明だが120トンか? 4号機:注入慮不明、別の冷却か?
全体で1日900トンの汚染水処理  内500トンは再利用(!〜3号機の冷却用) 他400トンタンクに貯める
問題は、タンクの残貯水可能量は4万トン 後3ケ月程度で満杯になる。 この対策としてタンクの増設、地下にため池作りを予定するが、地下のタービン室には1日数泊トン(200〜500トン)の地下水が流れ込んでいる。




多核種除去設備・ALPSで冷却水問題を解決できるだろうか?(25.2.12)
「多核種除去設備(ALPS)」の試運転 〈1〜4号共通〉 「多核種除去設備(ALPS)」の試運転 〈1〜4号共通〉 「多核種除去設備(ALPS)」の試運転 〈1〜4号共通〉 「多核種除去設備(ALPS)」の試運転 〈1〜4号共通〉

原子炉の冷却に使った水から約60種類の放射性物質を除去できる「多核種除去設備(ALPS)」の試運転に向けた安全性評価が大詰めを迎えている。

 除去された放射性物質を保管する容器に強度不足が見つかり、東電は耐久性を上げる対策を取った。原子力規制委員会の21日の検討会で、試運転に踏み切れるかどうか方向性が示される見込みだ。



多核種除去設備(ALPS)説明図

 第1原発で貯蔵する汚染水は1月時点で約22万立方メートルに上り、千トン単位の汚染水タンクで構内に保管されている。
ALPSは、従来の設備で除去できなかった放射性セシウム以外の放射性物質も取り除ける。東電の試算では、2月中に運転を始めれば2019年には保管されている汚染水の処理が全て終わる。

 ALPSで除去される放射性物質は、濃縮してコンパクトな円筒形容器(直径約1・6メートル、高さ約1・9メートル)で保管する。ただ容器は樹脂製で、落下試験で中身が漏れ出るケースもあったため、昨年内に予定された試運転は延期となった。

 東電はステンレスで容器を補強して強度を高め、移動時の落下防止策も取り入れた。東電は規制委側から「追加の宿題はない」との感触を得ており、早期の試運転開始が現実味を帯びている。

 しかしALPSが稼働しても構内にたまった水そのものがなくなるわけではなく、処理後の水には除去できない放射性トリチウムも残る。東電は希釈した上で海洋放出を模索するが、漁業関係者を中心に反発は必至だ。

−−−共同通信(2013年2月12日)



それでも
、除去できない放射性トリチウム問題は残る。







多核種除去設備(ALPS)説明図


それでも
、除去できない放射性トリチウム問題は残る。










ALPS設置場所




多核種除去設備(ALPS)説明図

 
それでも
、除去できない放射性トリチウム問題は残る。















ALPS設置場所






多核種除去設備(ALPS)説明図



それでも
、除去できない放射性トリチウム問題は残る。













ALPS機器構成概略図



トーラス室(圧力抑制室)水位測定結果
1号機トーラス水位測定
東電提供(24.4.5)
2号機トーラス水位測定
東電提供(24.4.5):室の水位:5.33メートル(NHK情報)
3号機トーラス水位測定
東電提供(24.4.5):室の水位:5.43メートル(NHK情報)

4号機の使用済み燃料プールの冷却水の説明図

4号機冷却装置説明図

東電提供(24.5.30)
!〜3号機の原子炉容器平面図

1号機建屋地下平面図
原子炉容器平面図・中央が原子炉


原子炉建屋地下、トーラス断面図
原子炉建屋地下断面図・ト−ラス、トーラス室、地下室の様子

2号機の原子炉地下階平面図:室の水位:5.33メートル

2号機トーラス室平面図
ロボットによる放射線量測定結果(単位ミリ-ベルト)、トーラス室

3号機容器のハッチ漏えい調査(24.4.19)、原子炉建屋1階平面図

3号機原子炉建屋1階平面図
4号機燃料取り出し用カバー概要図

4号機燃料取り出し用カバー概要図


4号機燃料プール防護台 追加工事

4号機使用済燃料プールの防護構台の追加工事説明図(東電提要6.9)





各炉の放射線の放出量(24.6)

トーラス室内水位計測断面説明図


トーラス室内水位・水の温度


トーラス室内底部にある堆積物

東電提供24.6.18





原子炉の真上付近に当たる建屋の5階で、1時間当たり880ミリシーベルトという高い放射線量が測定された

東電提供24.6.18




東電提供24.6.18
放射線の放出量(24.6) 放射線の放出量 放射線の放出量 放射線の放出量(24.6)
6.28-:トーラス室内底部で建屋内では過去最大の放射線量となる毎時1万300ミリ・シーベルトを計測した。せいぜい水面を計測できた程度で、高放射線の原因は不明 6.15:原子炉の真上付近で1時間当たり880ミリシーベルトという高い放射線量が測定、水漏れの箇所依然不明 6.17:原子炉建屋の上3メートルの線量を測った際には毎時500ミリシーベルトと高かった。「3号機が見えると線量が高くなる。これが現場の感覚」。原発内で作業にあたる東電社員、高い放射線の調査の予定未定 ??;放射線情報なし



ガンマカメラ
1号機放射線画像(ガンマカメラ24.7.5) 2号機放射線画像(ガンマカメラ) 3号機放射線画像(ガンマカメラ) 4号機上部ガレキ撤去

西側通路


X100ペネトレーション

建屋1階、南側通路


北側通路

建屋1階、北西角


建屋1階、大物搬入入口





撤去後24.7.5







1〜4号機現況・動画(平成25年1月19日東電提供)
1号機(24sec) 2号機(11sec) 3号機(15sec) 4号機(2m3sec)




平成25年2月各炉近況


平成25年1月5日撮影


1号機トーラス室調査・滞留水水面(平成25年2月21日)


2号機トーラス室調査に伴う穿孔


2号機建屋オペレーティングフロアのガンマカメラ画像


3号機使用済燃料貯蔵プール(撤去後25.2.6撮影)


3号機使用済燃料プール内の水中カメラ画像(25.2.21)


組み立て途中の燃料取り出し設備の土台部分(25.2.10撮影)

4号機核燃料取出し用新設備説明図(共同通信)

平成25年1月5日、2月21日撮影(東電提供) 2号機トーラス室調査に伴う穿孔
オペレーティングフロアのガンマカメラ画像(東電提供)
3号機使用済燃料貯蔵プール(撤去後25.2.6撮影)
使用済燃料プール内の水中カメラ画像(25.2.21)(東電提供)
4号機の建屋、組み立て途中の燃料取り出し設備の土台部分(25.2.10撮影)
核燃料取出し用新設備説明図(東電提供)
平成25年3月の現状(25.3.10)
1号機:原子炉の冷温注水システム稼働(東電提供) 2号機:原子炉の冷温注水システム稼働(東電提供) 3号機:原子炉の冷温注水システム稼働(東電提供) 4号機:燃料取出し開始)(2013年中)(東電提供)
今後の作業予定
1号機;原子炉格納機内の調査及び温度計、水位計の設置 2号機;ガレキ撤去、トーラス調査、温度計設置 3号機燃料取出し予定図 4号機燃料取出し予定図
資料説明:
掲載画像・動画の原画の提供先は、東京電力、産経新聞、朝日新聞、東京新聞、毎日新聞、google、yahoo、等。 これ等の画像・動画を幣社で編集。
お問い合わせ

                             Copyright (C) 2013Vans Corp.All Rights Reserved.