ガーデニング2016年

プルメリア日記 .

激辛の苗・2016

ハバネロ・ジョロキア・タバスコ・唐辛子の苗を育てる日記・2016年

ハバネロ
John Doe

ハバネロ・Habanero

ハバネロ(英:Habanero chili、西:chile habanero、学名:Capsicum chinense)はトウガラシ属の植物の一種で多年草、シネンセ種で、名称はハバナにちなみ、付けられた。 ハバネロは単に猛烈に辛いだけでなく、柑橘系のフルーティーな香りと、やや青臭い香りがあるのが特徴。ハバネロは鳥、牛肉料理やカレーなどに用いて、食味を向上させる香辛料として利用されている。

ジョロキア
Jane Helf

ジョロキア・Jorokia

北インド、およびバングラデシュ産のトウガラシ属の品種である。2007年にギネス世界記録でハバネロ(およびその栽培品種レッドサヴィナ)を抜いて世界一辛いトウガラシとして認定された。
原産地のアッサム語で(ジョロキア)は唐辛子の実、(ブット・ジョロキアまたはボット・ジョロキア)は「チベット唐辛子」を意味するブットまたはブートが、「幽霊」を意味していることから英語で「ghost chili」または「ghost pepper」と呼ばれることもある。
産地では香辛料として用いる他、生食することもある。
産地では、薬用としては胃の不調を整えたり、発汗を促して夏の暑さを乗り切るために用いられている

タバスコ
Joshua Insanus

タバスコ・Tabasco pepper

タバスコは、正しくはタバスコペッパー(Tabasco pepper)と呼ばれ、ナス科キダチトウガラシ属の多年草である。原産地はアマゾン川流域の低地とされている。現在では、熱帯から亜熱帯にかけた地域に広く分布している。一般にタバスコというと、小さな瓶入りのタバスコソース(辛味調味料)が思い浮かぶが、これは商品名である。
赤い色をして、ぴりっとした刺激的な辛さが特徴で、各種料理の辛味調味材として広く愛用されている。
.



激辛ソース各種

ハバネロ・ジョロキア・タバスコ・唐辛子から作る激辛ソース

ソース各種

激辛ソース各種

激辛の苗から作った手作りの熟成激辛ソースの各種です。人気のホットピューレ、食べられるハバネロ風味の辣油、全ての激辛の実があるハバネロミックスソース等を、お好みで選べます。
手づくりの激辛ソース作りは、4年間熟成した激辛ソースが特徴です。
辛さに深いまろやかさと、激辛、中辛と辛さのバリエーションと深みが広がって、辛さを楽しめる各種のソースです。


 激辛ソースショップ

ホットピューレ

ホットピューレ

一番人気のピューレ状の中辛のソースです。食事を美味しく引き立てます。
     パスタ、ピザ、等の洋食の美味しさを、辛さと旨みで引き立てます。
     辛さと酸っぱい味と旨みのコンビネーションが抜群です。

ホットピューレ 激辛ソースショップ

ハバネロミックスソース

ハバネロミックスソース

    洋食、中華料理、和食、サラダ等の幅広いお料理の美味しさを、辛さと旨みで引き立てます。
     いろいろな辛さが微妙にバランスがとれて、深みのある辛さです。
     ハバネロ、タバスコ、ジョロキア、唐辛子が輪切りで入っているので、お酢が減ったら、お酢等を追加して増量し、長く利用できます。

 ハバネロミックスソース

気軽にコンタクト

コメント・ご意見、ご希望を受け付けています。気軽にご連絡を下さい。

.

コンタクト の内容