mixiチェック はてなブックマークに追加 Clip to Evernote


激辛の苗と実、辛さと健康・効用・注意点(デメリット)

激辛のジョロキア、ハバネロ、辛いハラぺ―ニョ、 タバスコ、唐辛子等の辛い食べ物の健康情報:

辛い食べ物は,次の通りの効能があります。
●食用増進
刺激成分が味覚神経を刺激し、胃の消化液の分泌を高める。
●エネルギー代謝を高める
皮膚の表面温度を高め、体内に蓄積されたエネルギーを燃焼、消費する。
●体内を暖める。汗をかいて体温を下げる。
●香辛料で味付けが出来て、塩分を控えられ、高血圧等の予防に役立つ。

辛味を形成する主成分のカプサイシン、唐辛子カプサイシン唐辛子は、効能として、
エネルギー代謝を活発にして、摂取後、運動時のように発汗させたりし、肥満予防の効果を発揮したり、 血行が良くするので、冷え性や肩こりにも効果がある他、胃液の分泌を調整するため食欲増進作用があります。

 辛さに病みつきになる
激辛やトウガラシの愛好家が病みつきになる現象に関しては、いくつかの説があります。
一つは、痛みの感覚が続くと、脳からエンドルフィンと呼ばれるモルヒネのような鎮痛作用のある物質が過剰に分泌され快感を生む、というものです。辛味成分であるカプサイシンを摂取すると、傷ついてはいなくとも痛みのメッセージが脳に伝達され、エンドルフィンが放出されます。これによる快
感が、病みつきになるのです。
激辛やトウガラシを食べると、実害はないが、強烈な刺激が口を襲います。その強い感覚がおさまると、今度は逆に物足りなさを感じてもう一度味わいたくなるのです。確かに、辛味ほど刺激的な味はありません。
 種々な効果のある機能性食品
激辛やトウガラシの辛味成分のカプサイシンには、体内の脂肪分を燃焼させる働きがありダイエット効果があると話題になりましたが、その他にもさまざまな生理活性作用や食塩摂取量を低下し減塩効果があることなども解明され、機能性食品として注目を浴びています。(下の図表)


                               ーー資料:日水アカデミー

  食べ過ぎはしないでください。デメリットもあります。
一方、これに対し、デメリットもあることに注意下さい。食べ過ぎはしないで下さい。
激辛の、辛味は”味覚ではなく実は痛覚”で、 痛みが脳へのストレスとなり、そのストレスが過剰なものになると、アドレナリンを分泌して、これが過剰な場合、大脳辺縁系の扁桃体や海馬などに損傷を与える場合がある。(判断力や記憶力など減退) 又、PTSDという、欝や睡眠障害などの原因ともなり得ます。激辛を食べ過ぎて、胃に穴が開いたり、血がでたりする症例もあります。

但し、過剰に摂取しすぎなければ、むしろ体にとってはいい作用が働くとされています。






ジョロキア(左)、ハバネロ(左から2番目)、ハラぺーニョ(中央)、朝鮮唐辛子(右)


上からハバネロ、ハラぺーニョ、赤いハラペーニョ、タバスコ


激辛の実から作った各種ソース


激辛の実から作った各種ピューレ

激辛ソースレシピ   激辛ソースショップ   







激辛の自家栽培の説明

激辛のジョロキア、ハバネロ、辛いハラぺ―ニョ、 タバスコ、唐辛子等を、屋上で自家栽培して収穫しています。




培養土を入れた鉢で栽培し、農薬や防虫剤は一切使用していません。
肥料は、園芸化学合成肥料、固形油カス、ハイポネックス肥料液等を使用しています。
従って、特徴として、無農薬、無公害で農薬や汚染の心配は全くない、由緒が歴然とした安全食物です。







激辛の各種苗のスコヴィル値(辛さ)のリスト

  スコヴィル値 (辛さ)     激辛の苗・品名
   100万1304    ブート・ジョロキア
  85万5000   ナガ・ジョロキア(ブート・ジョロキア)
  35万 - 58万   レッドサビナ種ハバネロ
  18万   最も強力な催涙スプレー
  10万 - 35万   ハバネロ
  10万 - 12万5000   カロライナ・カイエンペッパー、能鷹唐辛子
  9万5000 - 11万   バハミアン・ペッパー
  5万 - 10万   タイ・ペッパー(プリッキーヌー)、
  4万 - 5万   スーパー・チリ・ペッパー、三鷹唐辛子
   3万 - 5万    タバスコペッパー(タバスコ)
  3万 - 5万   唐辛子、カイエン・ペッパー
  2万 - 5万     朝鮮唐辛子
  1万5000 - 9万   一般的な催涙スプレー
  1万2000 - 3万   マンサノ・ペッパー、アヒ
  7000 - 8000   タバスコ・ハバネロソース
  2500 - 8000   ハラペーニョ
  2500 - 5000   タバスコ・ソース
  1500 - 2500   タバスコ・チポトレペッパーソース
  1200 - 1800   タバスコ・ガーリックソース
  600 - 1200   タバスコ・グリーンペッパーソース
  500 - 700   サンタフェ・グランデ・ペッパー
  100 - 500   ペペロンチーニ・ペッパー、ピメント
  0   ピーマン、シシトウガラシ









ジョロキア

辛さの程度:

ジョロキアの辛さ:
ハバネロの2~3倍近い強烈なカプサイシン量がある。
辛さを量るスコヴィル値は、16000000mg / kg 。ブット・ユロキアは101万スコビルある。



由来、背景

北インド,およびバングラデシュ産のトウガラシ属の品種である。2007年にギネス世界記録でハバネロ(およびその栽培品種レッドサヴィナ)を抜いて世界一辛いトウガラシとして認定された。
原産地のアッサム語で(ジョロキア)は唐辛子の実、(ブット・ジョロキアまたはボット・ジョロキア)は「チベット唐辛子」を意味する(ブットまたはボット「チベット人、ブータン人」)とアッサム語では発音が母音だけの違いとなり、同じくBhutとアルファベット表記される(ブットまたはブート)が「幽霊」を意味していることから英語で「ghost chili」または「ghost pepper」と呼ばれることもある。
産地では香辛料として用いる他、生食することもある。
産地では、薬用としては胃の不調を整えたり、発汗を促して夏の暑さを乗り切るために用いられている






ジョロキアの自家栽培



花から実が実り、まだ青い実


赤味がついてきた。7月下旬


収穫時のジョロキア 8月初旬






激辛のソース・ペーストの試験販売他:お問い合わせについて

激辛のソース・ペーストの”試験販売”を実施しています。
購入された方に、ご希望の激辛の苗の種を無料でお分けします。 試験販売中で、数量は少ないので、ご希望の方は、お早めにお申込み下さい。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。 →メールでのお問い合わせ













ハバネロ

辛さの程度:


ハバネロの辛さ:
ハバネロのカプサイシン含有量は、30~35万スコビル。 ジョロキアが世界一になるまでは、一番辛いとされていた。



ハベネロ(上はバジル)


ハバネロ

由来・背景

ハバネロ(英:Habanero chilli、西:chile habanero、学名:Capsicum chinense)はトウガラシ属の植物の一種で、シネンセ種の品種の一つ。名称はハバナにちなみ、付けられた。
ハバネロは単に猛烈に辛いだけでなく、柑橘系のフルーティーな香りとやや青臭い香りがある。ハバネロは鳥、牛肉料理やカレーなどに用いて、食味を向上させることができる。





ジョロキア(左)、ハバネロ(左から2番目)、ハラぺーニョ(中央)、朝鮮唐辛子(右)






ハバネロの自家栽培


花が実り青い実になる。7月初旬


実が赤くなる。7月中旬


収穫時のハバネロ 7月中旬






激辛のソース・ペーストの試験販売他:お問い合わせについて

激辛のソース・ペーストの”試験販売”を実施中です。
購入された方に、ご希望の激辛の苗の種を無料でお分けします。 試験販売で、数量は少ないので、ご希望の方は、お早めに奮ってお申込み下さい。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。 →メールでのお問い合わせ










 タバスコ

辛さの程度:

タバスコの辛さ:
タバスコの辛さは、3万~5万スコビル



タバスコ、収穫時を少々遅らせ、しわが出ている。


タバスコ


ハバネロ・タバスコミックスソース
激辛ソースショップ


由来・背景

タバスコは、正しくはタバスコペッパー(Tabasco pepper)と呼ばれ、ナス科キダチトウガラシ属の多年草である。原産地はアマゾン川流域の低地とされている。現在では、熱帯から亜熱帯にかけた地域に広く分布している一般にタバスコというと小さな瓶入りのタバスコソース(辛味調味料)が思い浮かぶが、これは商品名。
赤い色をして、ぴりっとした刺激的な辛さが特徴で、各種料理の辛味調味材として使用されている。





タバスコの自家栽培



花から実がなり、青い実 7月中旬


実が赤く色ずくのは、9月初旬頃


唐辛子の様に一度に赤くならず、1つ1つ赤くなる。


赤と黄緑のばらつきがあるが、時期を過ぎて、もう干からびているのもある。










ハラペーニョ

辛さの程度:

ハラペーニョの辛さ:
辛さは中程度、2500-8000スコヴィル


ハラペーニョ


由来・背景

ハラペーニョ(西:chile Jalapeño)とはトウガラシ(C. annuum)の品種の一つ。メキシコを代表する青唐辛子である。辛さは中程度(2500-8000スコヴィル)。名称はその発祥の地といわれているベラクルス州のハラパ(Xalapa)に由来する。「ハラペノ」や「ヤラピノ」等と呼ばれた事もある。

酢漬けなどにして市販されているが、生で食べることもできる。メキシコ料理やピザにで良く用いられる食材であり、多くのメキシコ料理店ではハラペーニョをタマネギやニンジンと一緒にピクルスにした「ハラペーニョ・エン・エスカベーチェ」(Jalapeño en escabeche)に人気がある。

アメリカでもよく普及しておりサルサに加える他、チェダーチーズなどのチーズを詰めたハラペーニョに衣をつけて揚げたハラペーニョ・ポッパー(Jalapeño Popper)などは酒のつまみとして人気がある。ホットドッグなどにつけることも多い。






ハラペーニョの自家栽培



花と実 7月初旬


実ったハラペーニョ 実は青い 7月中旬









唐辛子

辛さの程度:


唐辛子の辛さは、5万~15万スコビル( 島唐辛子~カイエンペッパー、能鷹唐辛子)
唐辛子の種類により幅がある。

日本の代表的な唐辛子「鷹の爪」は4万~5万スコヴィル
韓国辛味唐辛子」は2万~5万スコヴィル


唐辛子、


朝鮮唐辛子

由来・背景

唐辛子(とうがらし、唐芥子、蕃椒)は、中南米を原産とする、ナス科トウガラシ属 (Capsicum) の果実から得られる辛味のある香辛料。栽培種だけでなく、野生種から作られることもある。

トウガラシ属の代表的な種であるトウガラシにはさまざまな品種があり、ピーマン、シシトウガラシ(シシトウ)、パプリカなど辛味がないかほとんどない甘味種(甘唐辛子・あまとうがらし)も含まれるが、ここでは辛味のある品種から作られる香辛料に限定して説明。

トウガラシ属は中南米が原産地であり、メキシコでの歴史は紀元前6000年に遡るほど非常に古い。しかし、世界各国へ広がるのは15世紀になってからである
「唐辛子」の漢字は、「唐から伝わった辛子」の意味
英語では「チリ (chili)」または「チリ・ペッパー (chili pepper)」と言う。胡椒とは関係が無いにも関わらず「ペッパー」と呼ばれている理由は、ヨーロッパに唐辛子を伝来させたクリストファー・コロンブスがインドと勘違いしてアメリカ大陸に到達した際、唐辛子をインドで栽培されている胡椒の一種と見なしたためである。それ以来、トウガラシ属の実は全て「ペッパー」と呼ばれるようになった。
唐辛子の総称として鷹の爪を使う人もいるが、「鷹の爪」はトウガラシ種の1品種である
日本で栽培されているのは主にトウガラシだが、沖縄や伊豆諸島ではキダチトウガラシの品種の島唐辛子が栽培されている。
朝鮮唐辛子は、韓国特有の辛みが少ない大きめの唐辛子で、ほんのりと甘みがある。






唐辛子の自家栽培



唐辛子 7月初旬


朝鮮唐辛子 まだ赤くなってない 7月中旬


朝鮮唐辛子(赤) 数本づつ赤くなる 8月初旬



朝鮮唐辛子(橙色)  8月初旬


赤く色付きはじめた島唐辛子 8月初旬


赤く色ついてきた島唐辛子 8月中旬


全部が赤くなるのは、9月初旬頃








激辛のソース・ペーストの試験販売、他:お問い合わせについて

激辛のソース・ペーストの”試験販売”を実施しています。
購入された方に、ご希望の激辛の苗の種を無料でお分けします。 試験販売の為、数量は少ないので、ご希望の方は、お早めにお申込み下さい。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。 →メールでのお問い合わせ


激辛ソースショップ      激辛ソースレシピ