ハザード項目大気汚染・中国の大気汚染と黄砂の影響、他


  •   
  •     はてなブックマークに追加   
  • mixiチェック  


      
 
大気汚染情報・バックナンバー
ページ選択
4
3
2
 

最新・大気汚染マップ 日本全国、日本各地方微小粒子状物質(PM2.5)、黄砂情報





一時中止のお知らせ


大気汚染状況は、春になって、汚染の機会も減少し、PM2.5よりも花粉情報等に関心を持たれる時期となりました。
4月を1つの区切りとして、大気汚染に大きな変化が生じるまで、掲載を一時中止致しますことお知らせ致します。
ご愛顧をありがとうございました。







平成26年4月2日、全国・全域に赤マークなし。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
全国・全域に赤マークなし。
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁











平成26年3月31日、全国・全域に赤マークなし。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
全国・全域に赤マークなし。
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁










平成26年3月29日、中国、近畿、東海、関東、東北、北海道に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 中国・四国
 近畿
 東海
 首都圏
 関東
 東北
 北海道
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁










平成26年3月28日、近畿、東海、関東、東北、北海道に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 近畿
 中部
 東海
 首都圏
 関東
 東北
 北海道
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁










平成26年3月27日、九州から北海道まで全域で赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)




「大気汚染で年700万人死亡」 WHOが警告(26.3.26)

世界保健機関(WHO)は、2012年に世界中で推定約700万人が大気汚染のために死亡した、との調査結果をまとめた。死者全体の8人に1人を占めることになり、「大気汚染は環境要因で最大の健康リスクだ」と警告した。

 WHOによると、炭を燃料に料理で火を使うなどの家庭内の空気汚染で430万人が、外気の汚染で370万人がそれぞれ死亡したと推定。死者は重複分を除いて全体で700万人とした。地域別では中国を含む西太平洋が約280万人と最多で、東南アジアが約230万人で続く。

 大気汚染は心臓疾患や脳出血、がんにつながり、外気では微小粒子状物質PM2・5が最も危険だという。死者数は、家庭内での燃料の使用状況や世界中の大気汚染物質の量から推定し、ほかの病気が主因でも大気汚染がなければ救えた人を含む。調査・分析方法は日々進歩するため単純に比較できないが、08年の調査から倍以上に増えた。

 WHOは今後数カ月で、今回の調査の国別のデータや、世界1600都市の大気調査結果を公表するほか、家庭内の空気の質について指針を示す方針だ。

 WHOのマリア・ネイラ公衆衛生・環境局長は、公共交通機関の充実やエネルギー効率の向上が課題だと指摘し、「都市が大気汚染についてしっかり調べることが重要だ」と話す。(ジュネーブ=吉武祐)
---朝日新聞(26.3.26)







赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 
 
 四国・中国
 近畿
 中部
 東海
 首都圏
 関東
 東北
 北海道
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁











平成26年3月26日、中国・四国、近畿、中部、関東、東北、北海道に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 四国・中国
 近畿
 中部
 東海
 首都圏
 関東
 東北
 北海道
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁











平成26年3月25日、九州、中国・四国、近畿、中部、関東、東北、北海道に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 九州
 四国・中国
 近畿
 中部
 東海
 首都圏
 関東
 東北
 北海道
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁









平成26年3月24日、九州、中国・四国、近畿、中部に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 九州
 四国・中国
 近畿
 中部
 東海
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁










平成26年3月21日、全国、全域に赤マークなし。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁










平成26年3月20日、九州、中国四国に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 
 九州
中国・四国 
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁










平成26年3月19日、九州、中国四国、近畿、東海、関東、に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 
 九州
中国・四国 
 近畿
 中部
 東海
 関東
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁












平成26年3月18日、中国四国、近畿、東海、首都圏、関東、に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
中国・四国 
 
 中部
 東海
 首都圏
 関東
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁









平成26年3月17日、九州、中国四国、近畿、東海、首都圏、関東、東北に赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 九州
 
中国・四国 
 近畿
 
 中部
 東海
 
 首都圏
 
 関東
 
 東北
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁









平成26年3月15日、全国、全域に赤マークなし。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁












平成26年3月14日、全国、全域に赤マークなし。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁









平成26年3月12日、中部、東海、関東に1~2か所赤マークあり。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 中部
 
 東海
 関東
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁









平成26年3月11日、全国 全域に赤マークなし。  赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁











平成26年3月10日、沖縄、東海に1~2か所赤マークあり。赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
 
 沖縄
 東海
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁









平成26年3月8日、全国、全域に赤マークなし。 赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
全国全域に赤マークなし。
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁










平成26年3月7日、全国、全域に赤マークなし。 赤マークは(PM2.5が36μg/m3以上)



赤マークの付いた地域(PM2.5が36μg/m3以上、環境基準を超える基準)
70μg/m3以上の場合は、注意喚起で屋外に出ないことを環境省は、奨めています。
弊サイトは、60μg/m3以上の市には赤字で表示します。【註】を見る
全国、全域に赤マークなし。 
 以上の地域以外には赤マーク【PM2.5が36μg/m3以上】はありません。(掲載省略します。)  



大気汚染分布図

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布, (高度0-1km平均値) 
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。ご了承下さい。

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測---九州大学/国立環境研究所
【註】同研究所の発表するデータは土日は更新がありません。又同所は平日も必ずしも正確にアップデートしていません。
 

 
 黄砂マップ・気象庁














大気汚染サイトの案内



大気汚染速報【状況値】各都道府県のサイト


北海道・北海道
東北・ 青森県  岩手県  秋田県  山形県  福島県

関東・ 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県  茨城県  栃木県  群馬県   

中部・ 愛知県  三重県  静岡県  新潟県  富山県  石川県  福井県  山梨県  長野県  岐阜県

近畿・ 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県  和歌山県

中国・ 岡山県 広島県 鳥取県  島根県  山口県

四国・ 徳島県  香川県  愛媛県  高知県

九州・ 福岡県 長崎県  鹿児島県  佐賀県  熊本県  大分県  宮崎県  沖縄県

各地の測定データ

    そらまめ君
環境省大気汚染物質広域監視システム
全国の大気汚染状況について、24時間情報提供しているサイト。直近1週間のデータを地図で見ることができる。

飛来予測

    SPRINTARSエアロゾル予測
九州大学
大気汚染微粒子のほか黄砂の飛来予測







大気汚染の注意事項・環境基準


大気汚染物質のうち、PM2.5の物質について、環境基準(環境省)

微小粒子状物質
(PM2.5)
1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。(H21.9.9告示) 疫学及び毒性学の数多くの科学的知見から、呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんの疾患に関して総体として人々の健康に一定の影響を与えていることが示されている。
濾過捕集による質量濃度測定方法又はこの方法によって測定された質量濃度と等価な値が得られると認められる自動測定機による方法




最近の微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染への対応--環境省



注意喚起の判断は、一般環境大気測定局における当該日のPM2.5 濃度の日平均値が70μg/m3 を超えると予想される場合に行うことが適当である

暫定的な指針となる値を超えた場合の対応措置.


これまでの研究知見から、屋内のPM2.5 濃度は屋外のPM2.5 濃度に比べて低い傾向にあることが知られているため、PM2.5 対策として屋外活動を控えることは有効と考えられる。したがって
PM2.5 濃度が暫定的な指針となる値を超えた場合には、屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らすことは有効である。
屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にするなどにより、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくし、その吸入を減らすことに留意する必要がある。
特に高感受性者においては、体調に応じて、より慎重に行動することが望まれる。

参 考》-その他の対応措置について-
【マスクの着用】
PM2.5 に対して、高性能な防じん(小さな粒子の吸入防止用)マスクは、微粒子の捕集効率の高いフィルターを使っており、微粒子の吸入を減らす効果がある。但し、マスクを着用する場合には顔の大きさに合ったものを、空気が漏れないように着用しなければ、十分な効果が期待できない。一方、着用すると少し息苦しい感じがあるので、長時間の使用には向いていない。また、一般用マスク(不織布マスク等)には様々なものがあり、PM2.5 の吸入防止効果はその性能によって異なると考えられる。
【空気清浄機】
PM2.5 に対する空気清浄機の除去効果については、フィルターの有無や性能など機種によって異なると考えられる。一部製品については性能試験により一定の有効性が確認されているとのことだが、個別の製品の効果に関する詳細については、製品表示や販売店・メーカーに確認する必要がある。
---環境省


環境省・微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報




 
大気汚染情報・バックナンバー
ページ選択
4
3
2
 




 資料の説明

  大気汚染予測システムを見る(国立環境研究所)

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測

全国の地域のPM2.5情報をみる。-そらまめ君


衛星画像から中国の大気汚染の現状を見る
国立環境研究所、九州大学/国立環境研究所、気象庁、等の情報を編集の上掲載。

不明点、ご質問はお問い合わせをお願いします。 --お問い合わせ