本文へスキップ

地震、放射線、天変地異、火山噴火、等生活を脅かす危険・ハザードを予知する最新情報を提供するハザード・ナビ。

生活を脅かす危険:地震、放射線レベル、リコール製品等危険(ハザード)を予知する富士山噴火ハザードマップ

ハザード項目火山噴火・富士山の噴火

1.富士山噴火ハザードマップ






















大震災後の誘発、最大の懸念は富士山 避難は75万人(25.7.17)


内閣府の有識者検討会が大きな噴火への広域避難体制整備などを早急に進めるよう国に求めた。火山防災の強化が急がれる背景には、東日本大震災で大規模噴火が誘発されることへの警戒感がある。世界で20世紀以降に起きた計5回のマグニチュード(M)9級の巨大地震では、その後に例外なく周辺で大噴火が起きているからだ。


富士山が大噴火した宝永時代の名残りの噴火口

 日本でも9世紀に東北地方で貞観(じょうがん)地震(M8・4)が起きた後、鳥海山(秋田・山形)の噴火や十和田(青森・秋田)の大規模噴火が発生。大震災以降は列島の地殻活動が活発化し、浅間山(群馬・長野)や箱根山(神奈川)など20火山で地震の増加が観測された。

 中でも今後の活動が注目されるのは富士山だ。1707年に南海トラフの大地震に連動して大規模な宝永噴火が発生して以来、約300年間にわたって静穏期が続いており、次の噴火に向けてマグマが蓄積されている可能性が高い。

 現在は差し迫った状態ではないが、検討会座長の藤井敏嗣東大名誉教授は「富士山は過去3200年で約100回噴火しており、300年も休んでいるのは異常事態。前兆から噴火まで場合によっては数時間と短いため、迅速に避難するための訓練が必要だ」と指摘する。

こうした状況下で静岡、山梨、神奈川の3県と国などでつくる協議会は今月9日、富士山の噴火時に周辺住民を危険度に応じて段階的に避難させる広域避難計画を決定した。溶岩流などが到達する可能性がある静岡、山梨両県の15市町村を5つのゾーンに分け、順次避難させる計画で、両県で避難対象は延べ最大75万人に上ると推計した。

 静岡県の防災担当者は「世界文化遺産登録に向けて避難対象者の増加も考慮する必要がある。今年度中にも具体的な避難手段などのシミュレーションを作りたい」と話す。

 提言で観測態勢の強化が指摘されたように、火山観測の現場では専門家や研究費不足が深刻化している。

 「毎日、山の顔色を見ている研究者がいるだけで予測精度に大きな差が出る。それなのに最近は現場に密着した研究者が減る一方だ」。噴火予知で活躍、北海道・有珠山のホームドクター(かかりつけ医)と呼ばれた岡田弘北海道大名誉教授は危機感を募らせる。

 気象庁が常時観測対象に指定した火山は全国で47あり、遠隔カメラや地震計で24時間監視している。

 一方、全国の国立大で観測、研究に携わる研究者は40人程度。山麓に専門家が常駐して継続的に観測しているのは有珠山や桜島などに限られる。

 岡田名誉教授は「目に見えやすい成果を重視するあまり、若手研究者が育つ余地がなくなっている」と指摘した。

---産経新聞(25.7.17)




富士山、ひび入れば噴火? 巨大地震引き金に 産総研が分析(25.7.17)

世界文化遺産の富士山は、巨大地震の強い力で内部にひびが入ると、そこから爆発的な噴火を起こしかねない状態だとする分析結果を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などのチームがまとめたことが16日、分かった。

冠雪した富士山頂と宝永火口(中央付近)=2009年10月(産業技術総合研究所提供)

 直近の噴火は関東地方にも大量の灰を降らせた1707年の宝永噴火。チームは現在の富士山が、この噴火の直前と似た状況だと推定。約300年間マグマがたまり続けているとし、警戒を呼び掛けている。

 富士山の地下には、マグマが通った後に冷えて固まってできた硬い岩脈が多数走っている。たまったマグマやガスが密閉された風船のような状態といい、地震による地殻変動で岩脈に隙間ができると、一気に噴出する恐れもあるという。

 富士山はできてから約10万年で、国内の火山の中では比較的若い。山頂や山腹などから噴火を繰り返しており、「噴火のデパート」と呼ぶ専門家もいる。

---産経新聞(25.7.17)








富士山の噴火によるハザードマップ




ハザードマップ試作(ハザードマップ作成委員会)






溶岩の到達時間別マップ


溶岩流到達時間マップ2



富士山ハザードマップ(富士山防災委員会作成、平成16年6月)




想定火口位置;規模別



溶岩流実績と数値シミュレーション結果の比較
鑵子山溶岩
檜丸尾第1溶岩
印野丸尾溶岩
剣丸尾第1溶岩流
大淵丸尾溶岩



溶岩流の可能性マップ



火砕流・火砕サージ可能性マップ




融雪型火山泥流可能性マップ



降灰可能性マップ (富士山火山防災協会)




噴石到達可能性範囲中・小規模(2km)




噴石到達可能性範囲大規模(4km)





土石流可能性マップ








富士宮市 富士山ハザードマップ