お気軽にお問合せ下さい。
mail:info-imart



     

目次へ

名古屋市の想定地震:南海トラフ地震を想定
 


あらゆる可能性を考慮した最大クラス
本市では、震度6 弱、震度6 強の地域が大きく広がり、港区をはじめとした5 区の
一部地域で震度7 が想定される。

白地図 名古屋市自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:名古屋市をグーグルマップで詳細にみる。



液状化分布図・名古屋市


1)過去の地震を考慮した最大クラス
本市では、市西部および天白川などの河川沿いに、液状化可能性が大から
中に評価される地域が広がっている。



2)あらゆる可能性を考慮した最大クラス
本市では、市西部および天白川などの河川沿いに、液状化可能性が大に評
価される地域が広がっている。
白地図 名古屋市自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:名古屋市をグーグルマップで詳細にみる。




津波災害:到達時間、津波の高さ、浸水開始時間


津波(30cm)到達時間


2)あらゆる可能性を考慮した最大クラス


1)過去の地震を考慮した津波最大クラス


2)あらゆる可能性を考慮した最大クラス


津波の高さ・最高津波水位

2)あらゆる可能性を考慮した最大クラス



1)過去の地震を考慮した最大クラス


2)あらゆる可能性を考慮した最大クラス

【註】津波浸水想定の浸水深や浸水域は、一定の条件を設定して計算した結果のため、地震による堤防等の状況や地殻変動の差異等により変わる可能性があります。
また、堤防等が壊れている場合、津波が収束した後でも、日々の干満によって浸水範囲が広がる可能性があります。


浸水開始時間

2)あらゆる可能性を考慮した最大クラス

ーーー名古屋市の震度分布、津波等

白地図 名古屋市自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:名古屋市をグーグルマップで詳細にみる。




津波ハザードマップ・地区別詳細図


あなたの街の津波ハザードマップ

津波ハザードマップ:中川・熱田・中村地区
他の地区は下記からご覧ください。

名古屋市・あなたの町のハザードマップ




愛知県の東海地震・東南海地震・南海地震等被害予測図




震度分布 「過去地震最大モデル」による想定


液状化危険度分布 「過去地震最大モデル」による想定

白地図 名古屋市自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:名古屋市をグーグルマップで詳細にみる。




愛知県ー浸水想定域図


浸水想定域 「過去地震最大モデル」による想定

浸水:深さ

愛知県西部


愛知県東部

30cm津波の到達時間

愛知県西部


愛知県東部
浸水深が30cm に達する時間 「過去地震最大モデル」による想定




震度分布 「理論上最大想定モデル」による想定(陸側ケース)


液状化危険度分布 「理論上最大想定モデル」による想定(陸側ケース)
※危険度判定には地盤改良等の液状化対策効果は見込んでいない。

白地図 愛知県自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:愛知県をグーグルマップで詳細にみる。



愛知県の最悪モデルに基づく最悪災害予想

愛知県の理論上最大モデルに基づく最悪災害予想


震度分布

震度分布 「理論上最大想定モデル」による想定(東側ケース)


液状化危険度分布 「理論上最大想定モデル」による想定(東側ケース)

白地図 愛知県自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:愛知県をグーグルマップで詳細にみる。

津波の高さ

愛知県西部
浸水想定域 「理論上最大想定モデル」による想定(津波ケース①)


愛知県東部


愛知県東部
浸水想定域 「理論上最大想定モデル」による想定(津波ケース⑦)

30cm津波の到達時間


愛知県西部
浸水深が30cm に達する時間 「理論上最大想定モデル」による想定(津波ケース①)


愛知県東部
浸水深が30cm に達する時間 「理論上最大想定モデル」による想定(津波ケース①)


愛知県西部
浸水深が30cm に達する時間 「理論上最大想定モデル」による想定(津波ケース⑦)


愛知県東部
浸水深が30cm に達する時間 「理論上最大想定モデル」による想定;津波ケース⑦

白地図 愛知県自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:愛知県をグーグルマップで詳細にみる。



緊急輸送道路の影響度ランク

道路の影響度


鉄道施設とハザードの関係(紫色は浸水域)

ーーー愛知県東海地震・東南海地震・南海地震等被害予測調査結果(26.5)




愛知県の被害のまとめ












南海トラフ地震の災害広域マップ(中部地方)



最大クラスの震度分布図(広域)
ーー出典:中央防災会議「東南海、南海地震等に関する専門調査会(第16回)」資料



最大クラスの津波の高さ・広域マップ



災害想定分布広域マップ


津波による浸水域:静岡1


津波による浸水域:静岡2


津波による浸水域:静岡3


津波による浸水域:愛知1


津波による浸水域:愛知2


津波による浸水域:三重1


津波による浸水域:三重2


津波による浸水域:三重3

東海地方の白地図を見て場所を確認する。
:東海地方をグーグルマップで詳細にみる。




液状化・沈下量マップ(広域:関東~四国)




液状化の可能性:関東~中部


沈下量:関東~中部

東海地方の白地図を見て場所を確認する。
:東海地方をグーグルマップで詳細にみる。


液状化の可能性:近畿~四国


沈下量:近畿~四国

ーーー国土交通省中部地方整備局企画部防災課




南海トラフ地震(愛知・東海地域)ニュース


南海トラフ地震で死者最大6700人 名古屋市が独自試算
愛知県想定を2100人上回る (26.3.26)

名古屋市は26日、南海トラフ巨大地震による独自の被害想定を公表した。最大クラスの地震(震度7)が起きた場合、市内の死者数は最大6700人で、2012年の内閣府のデータを基に愛知県が示した想定より、2100人上回った。帰宅困難者は最大約15万1000人に上ると試算。市は建物の耐震化などの防災対策で、死者は約1500人まで減らせるとしている。

名古屋駅周辺の景観

 一方、市は建物やライフラインなど直接的な経済被害も算出。「震度6強」の場合、最大で約3兆5400億円とした。内訳は住宅被害が約1兆5700億円、オフィスビルなどが約7800億円だった。

 内閣府の被害想定を基に、市内の地質調査のデータを活用し、詳細に分析した。

 地震は南海トラフを震源域とするマグニチュード(M)9を想定。名古屋市内では16区のうち、港区など5区で最大震度7を観測すると予測した。地震の揺れや津波、火災などを含め計6万6000棟の建物が全壊・焼失する。

 死者数では、津波で約4400人、建物倒壊で約2100人が全体の9割以上を占めた。津波による浸水面積(約7670ヘクタール)を内閣府の想定を踏まえた県公表の4倍と見込んだため、津波による死者数が増えた。

 区別にみると、中村、中川、港、南区の4区に被害が集中。特に4区の死者数が全体の8割以上を占め、建物全壊・焼失棟数も6割強に達する。

 平日正午に発生するという条件で、帰宅困難者数は約14万5000人~約15万1000人。地震発生1カ月後の最大避難者数は約34万9000人を想定している。

 ライフラインでは、発生直後に建物の約89%が停電。電力や通信網の復旧に1週間、上下水道の復旧には1カ月を見込んだ。

 河村たかし市長は「防災対策を講じると一気に(犠牲者が)減る。市民には住宅の耐震化や家具の固定など普段からの防災対策の重要性を伝えたい」と話した。
ーーー日経新聞(26.3.26)





(愛知)南海トラフ地震、名古屋22%浸水 県が詳細地図

県は26日、南海トラフ巨大地震によるマグニチュード9級の地震を想定し、津波の浸水域と浸水深を示した詳細な地図を公表した。浸水面積は3万7122ヘクタールで、県全体の約7%になる。名古屋市は市全体の約22%で浸水し、豊橋市や西尾市でも広範囲にわたる。

 県は5月、千年に一度の最大クラスの地震をモデルに、約2万9千人が県内で死亡するという被害想定を発表した。今回の想定も同じ地震モデルを使い、沿岸部を縮尺5万分の1の地図20枚に分けて、浸水域と浸水深を細かく示した。
写真・図版

名古屋港周辺の津波浸水想定
写真・図版

渥美湾周辺の津波浸水想定
写真・図版

主な市区町別の最大津波高と浸水面積

 名古屋市の浸水面積は7326ヘクタールで、浸水は名古屋駅の南約1キロの地点にまで及んだ。最大津波高は田原市で20・6メートル、豊橋市で18・5メートル、名古屋市港区で3・3メートルなどと想定した。
ーーー朝日新聞(26.11.27)





名古屋のハザードマップ



名古屋標高マップ(国土地理学院)

 拡大図を見る。
白地図 名古屋市自治体区画図:場所を詳細に知る為に参照下さい。
:名古屋市をグーグルマップで詳細にみる。






全国地震動マップ



東海地方地震動マップ

東海地方の白地図を見て場所を確認する。
:東海地方をグーグルマップで詳細にみる。


全国の地震動マップ;震度5以上と6以上の確率マップ
 全国地震動マップ拡大図を見る。
   全国地震動マップで地区を指定し、拡大図を見る。





資料の説明

icon 上記に掲載された引用記事及び引用画像は、記事 又は画像の末尾に、資料先、提供先、月日を( )内に表記しています。

その他資料先は、google,yahooo,you tube、愛知県防災会議資料、名古屋市防災情報、朝日新聞、読売新聞、産経新聞、毎日新聞、及び弊社アーカイブ等の資料を編集の上掲載しています。
弊社は著作権には十分注意を払い、掲載していますが、不明点、ご質問はお問い合わせ下さい。
 お問い合わせ