h1テキスト入力場所です。titleタグの次に重要なので念入りに考えてワードを盛り込みましょう。

i-告別の辞”のお別れのことばを送る方法の案内書

弔問できない弔問者のために、ご利用下さい。

このサービスは、故人様の喪主が弊サイトのご利用の申し込み後、弔問を予定される方が、急用や、体調不良で出席が出来ない弔問者の方々に、ご利用頂くサービスの説明です。

メールでお別れの言葉を弊サイトへ送信されるの方法もありますが、下記のフォームをご利用いただけますと、文例等も参考になり、簡単にご記入できます。

[1].”i-告別に辞”送付フォームを利用しお別れの言葉を送信下さる様お願いします。
i-告別の辞”の言葉の送信フォーム

[2]. 送信頂いた”i-告別に辞”の原稿及び資料に基づき作成された”i-告別の辞”を検収する「公開検収コーナー」(後日URLをお知らせします。)のパスワードと、お客様番号のご案内を、お客様に連絡致しますので、検収を3時間以内でお願いします。 短時間で恐縮ですが、葬儀の期間は限られている為に、ご協力をお願いします。


”i-告別の辞”の特徴:いつでも、どこでも、負担を軽減します。


1.葬儀に参列を望む方でも、先約や急用、体調不良で参加できない方は必ずおらます。 インターネットで、お別れの言葉を”i-告別の辞”で他の皆さんにも伝えることができます。 

2.葬儀場だけだはありません。参加出来ない方でも誰でも、家でも会社でも葬儀場
  どこでも、一日24時間いつでもオンラインで、”i-告別の辞”ご覧頂けます。

3.いつでも、どこでも、簡単に告別の辞を送信できます。メールや携帯電話で原稿を送れます。

4.電報では、型通りで自分の気持ちが伝え難いし、他の人には判り難いとお考えの方は少なくありません。気持ちを表せるお別れの自分の言葉をネットに載せて、気持ちを込めたお別れができます。お好きな花や花輪を選びネット献花もできます。

5.喪主の方も、お年寄りや遠くの友人に参列をお願いするのは、気が重いことでは
  ないでしょか? 特に冬や夏のお通夜は、お年寄りは大変な負担です。どうぞ”i-告別の辞”をご利用くださいと、お願いして負担を軽減して、ネットで賑やかな葬儀をすることができます。
全てCDに保存しますので残すことができます。

6.ネットの時代に即した安くて、速くて、正確、多彩なアレンジやレイアウトが可能です。

7.”i-プロフィール”も共に、掲載します。故人の残されたお仕事、趣味、ご家族の思い出を改めて皆様に披露して、故人を偲びます。


8.”i-告別の辞” と ”i-プロフィール” で、リアル葬儀とは、異なる情報量の豊かなi-告別式を開催されることをお勧めします。

↑ PAGE TOP