火星探査車・キュリオシテイの最新情報の記録


 キュリオシテイの記録・バックナンバー
ページ選択
5
4
3
2




キュリオシテイの火星滞在・地球時間
火星時間を見る






平成26年1月6日 衛星から撮影したキュリオシテイの走行跡


NASA の火星探査車・キュリオシテイ走行する車輪によってできた、でこぼこの平地を走る 2 つ平行トラック・走行跡は、 NASA の火星人工衛星の解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラによって 2013 年 12 月 11 日撮影された

NASA の火星探査車・キュリオシテイの走行跡は、ゲイル クレーターで走行中 2013 年 12 月 11 日 NASA の人工衛星解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラ撮影された その走行跡のルートは、主要な目的地のシャープ山の斜面に向かって、障害物を避けてジグザグ行進した様子を示している。








2013 年 12 月、衛星:リコネッサンスから撮影したキュリオシテイの軌道

NASA の火星のキュリオシテイの走行軌跡は、NASA の火星人工衛星・リコネッサンスの解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラで 2013 年 12 月 11 日に撮影された。 キュリオシテイは、画像の左下近くに見えるスケールの参考、 ホイール トラック 2 つ平行線の幅 10 フィート (3 メートル)










12月20日 パノラマ画像撮影・岩の多い地面




キュリオシテイは火星の岩が多い地面を走行中
キュリオシテイは、火星日 477 火星ソル (2013 年 12 月 8 日) に、 17 フィート (5.3 メートル)にあるナビゲーション カメラ (Navcam) から 360 度のパノラマ画像を撮影した














12月11日 火星で淡水湖の形跡を発見、微生物がいた可能性も(産経新聞・NASA)


米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」が、数十億年前にあったと見られる淡水湖の形跡を発見した。微生物が生息できる環境があったことを裏付けるものだ。

青い部分は、数十億年前にあったと見られる淡水湖の範囲を示している。水はクレーターの縁から下に向かって流れ落ちていたと見られ、長い歴史のなかで、こうした湖が出来ては消えていたと見られる。右側に25kmのスケールバーがある。画像とキャプションはNASA

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」による最新の発見は、遠い過去に火星に存在した淡水湖の形跡だ。単純な微生物の命を支えていたと考えられる環境の一部を成すものだ。

 この湖はゲール・クレーターの内部にあり、10万年以上の間、長さ約50km、幅約5kmの範囲を覆っていたと考えられている。

 『Science』誌に12月9日付けで発表された論文には次のように記されている。「探査機キュリオシティは、非常に粒子の細かい堆積岩を発見した。これは大昔に湖であったことを示している。さらに、化学合成無機独立栄養に基づく火星の生物圏を支えるのに適していたと推測される環境の形跡を保つものでもある」

 この湖で生息していた可能性があると研究チームが考えている化学合成独立栄養生物とは、周囲環境にある電子供与体の酸化によってエネルギーを入手し、さらに、必要なすべての有機化合物を二酸化炭素から合成する生物のことだ(使う分子は有機物の場合もあるし無機物を使う例もある)。こうした生物は、地球でも見つけることができる。一般に見つかるのは洞窟や海底の熱水噴出孔などだ。

「地球上のこうした微生物を採取して、火星のこの湖に入れたら生き延びるだろうか。答えはイエスだ」と、キュリオシティ・ミッションの主任科学者を務めるジョン・グロッツィンガーは記者会見で述べたと報道されている。同氏はカリフォルニア工科大学の惑星地質学者でもある。

 イエローナイフ湾と呼ばれている場所から採取された2個の岩石サンプルを分析した研究チームは、粘土鉱物の一種であるスメクタイトを発見した。その化学組成は、これらが水中で形成されたことを示すものだ。塩分は低く、pHは中性だった。これらの鉱物が形成された水は、かつてその中に存在していた生命にとって、酸性が強すぎることも、アルカリ性が強すぎることもなかっただろう。さらに、炭素、水素、酸素、窒素、硫黄の痕跡も確認された。

 キュリオシティが火星に初めて着陸したのは2012年8月だ。水の形跡は、2013年9月にキュリオシティによって、火星の土のサンプルから初めて発見されていた。
---産経新聞(25.12.11)




根拠となる証拠・画像説明



火星に昔湖があり、微生物がいた。


ゲールクレーターとシャープ山(中央)



キュリオシテイの着陸点とジョンクラインの岩石の場所、水が流れた痕(扇状地)


左はオポチュニテイが発見した岩、右はキュリオシテイが発見した岩:キュリオシテイが発見した岩の分析から微生物の生活環境があったことを示す。(NASA)



右のジョンくクラインと左ロックネストの岩石をドリルした粉のX線分析の比較;

ジョン ・ クラインの ドリル豊富な粘土鉱物存在豊富な欠如は新鮮な環境暗示するマグネシウムまたは硫酸塩 (NASA の火星探査ローバーオポチュニティによってメリディアニ平原における発見・左) よりも、むしろカルシウム硫酸塩存在アルカリ性 pH 環境中立示唆しているRocknest影の鉱物活動乾燥した (風形) 環境を示唆しているジョン クラインの鉱物は、水分活性湖成層 (湖底) 環境示唆している










12月9日キュリオシテイの成果; 最初火星年齢測定人間探査を支援



ゲイル クレーター 侵食

マスト カメラ (Mastcam) 機器から画像モザイク画像は、イエロー ナイフ西北西に向かいゲイル クレーターグレネルグ周辺堆積示している。


NASA のキュリオシテイ、火星過去について重要な洞察力提供し将来ロボット人間のミッション計画支援するものだ
赤い惑星でキュリオシテイは、 1 年以上調査し、火星年齢決定する証拠発見微生物生命を維持してきた可能性大気の表面上の放射線最初測定、
自然の岩石の侵食の様子を撮影し明らかにした。 キュリオシテイのチーム メンバー、これら結果を、今日オンライン出版される六つ論文アメリカ地球物理学連合サンフランシスコ会議で発表する。 詳細は放映された記者会見参照











12月5日放映された記者会見: NASA キュリオシテイの成果







動画:シャープ山への道のり(2分17秒)

NASA のキュリオシテイは微生物生命にとって有利な古代火星環境条件に関する証拠を調査している調査結果は、未来の火星生物存在の痕跡の探索と、将来人間の火星ミッションために有効である




10000回目のレーザーショット









11月20日 キュリオシテイの電気問題診断する作業




NASA の火星探査車キュリオシテイ数日観察を中断している。エンジニアは、11 月 17 日以来、電圧変化の原因確認するテスト実行
「キュリオシテイ安全で安定しており完全に今の現在状態動作ができる、ソフトショートあるかもしれないために予防措置取っている NASA ジェット推進研究所プロジェクト マネージャー ジム エリクソンは述べた。「ソフト」ショート電線などハードショートではなく電気伝導性何かを介してリークするショートをいう。









11月13日 2機探査機が同じブサイトに




火星探査機オッポチュニテイ からステレオ'マレーリッジ'を撮影

火星NASA の 2 つ活躍している火星探査機は、影響力のある惑星科学者ブルース ・ マレー (1931年-2013 年) に敬意を表して「マレー海嶺「マレー ビュット"と呼ばれま場所にいる
オッポチュニテイ探査機はほぼ 10 現在マレー リッジ登り、リムにいる。NASA の新しい探査機キュリオシテイはその使命の主要な目的地入り口であるマレー ビュットに向かって向かっている






11月12日 セーフモードから正常に復帰を確認



日曜日 11/10)、NASA火星科学実験室プロジェクト に、NASA の火星探査車のキュリオシテイから、セーフモードから
公称サーフェス操作モード移行されたことを確認した 117予期しないソフトウェア再起動 ウォーム リセット呼ばれます) が発生したとき以来、セーフ モードしてきた明日には、計画の施行が再開され科学操作は木曜に再開される






11月8日 コンピューターのワーム(故障)リセットを行う




NASA の火星探査車のキュリオシテイ予期しないソフトウェアのトラブルを経験し、 (ウォーム リセット呼ばれる)再起動 (13/11/07)した。通信中にトラブルが発生し、4時間半かけて新しい飛行ソフトウェアメモリ一時的に送信したときにこのコンピューターリセットが発生した






10月27日クーパーズタウンに接近



この画像の中心地平線暗いバンドとして表示されるマウンドが「クーパースタウン」露頭。 

NASA の火星探査車のキュリオシテイは、最初2 日間自律駆動を行い、良い見晴らしの良いポイントに到達した。
それ自律的ドライブは、キュリオシテイが撮影したステレオ画像オンボードコンピューターを使用して分析し、指定されたウェイ ポイント安全なルート選択される






10月17日、NASAキュリオシテイは、隕石が火星起源のものと確認



NASA の火星探査車のキュリオシテイは、大気調査で地球下落しているいくつか隕石実際に赤い惑星からのものと確認した。
火星大気不活性ガス、アルゴン主要測定は、火星隕石起源最も決定的な証拠提供し、又火星の隕石でないことを明らかにするものだ







9月28日火星の砂から2%の水分 「資源として活用できる量」



】米航空宇宙局(NASA)は26日、火星表面で採取した砂から約2%の水分が検出されたとする探査機キュリオシティによる分析結果を発表した。他の化合物に結合した状態で存在しているものの、数百度まで加熱すれば水蒸気として得られる可能性が高いという。分析した研究グループでは「資源として十分活用できる量」としている。

トピックス:キュリオシティ

 昨年夏に火星に着陸したキュリオシティが表面の砂(直径0・5~1・5ミリ)をすくって採取、内部の装置で約800度まで加熱して出てきた成分を分析した。すると、二酸化炭素や硫黄化合物に混じって重量で1・5~3%の水が検出された。

 これまでの探査で、火星表面にかつて水の流れがあったことや地下には今も氷の状態で存在するとみられることがわかっている。今回の分析で現在も一定量の水が地表にあることが判明した。
---朝日新聞(25.9.28)

もっと見る、24年12月4日にサンプル搾取








  9月26日 着陸エリアから多様な科学的成果を得る


キュリオシテイは、火星火星表面大気間に関し、長い時間を費やして、多大ことを明らかした。
火星の緩いおよびは、火星の全般に渡り新た理解提供してた。 2012 年 8 月着陸以降の最初4 ヶ月ローバーの科学器械によって測定解析と観察を、サイエンス 9 月 27 日 5 つレポート詳細に記述している。
キーになる発見は、ゲイル クレーター分子が、きめの細かい粒子重量 2 含まれていることだ。 この結果、一部でなくこれら材料赤い惑星周り分散する可能性がある

 もっと見る、3月18日水分を確認した記録


又、地球鉱物を識別するため標準メソッドを使用して最初包括的な鉱物学的分析完了した。土壌結晶晶質成分について調査結果、地球の火山活動手がかり提供する
"ジェイク M"と呼ばれるサッカーボール サイズの火成岩鉱物学的分析は、火星地殻より深い領域進化について直下溶融材料冷却され火成岩フォームになる情報を提供した化学組成は、それらの結晶化際の、圧力、等の化学的条件推論に活用できる
火星石は非常に地上火成岩似ている」
と、カリフォルニア工科大学エドワード ・ ストルパー 氏は述べている。











 9月23日 X-線を活用、画像


 


キュリオシテイがX計測器のデータを利用
NASA の火星探査車は、ソル 399日にロボット アームでXスペクトロメータ (APXS) 計測近くの岩を検査した。




ウェイ ポイント 1 小石の多い砂岩礫岩
キュリオシテイの撮像素子 (マハリ) カメラ撮影した 9 つ画像モザイク画像は、砂岩の小石砂サイズ粒子の詳細な表面の様子を示している







ウェイ ポイント 1 露頭リッジクローズ アップ画像
撮像素子 (マハリ) カメラ撮影した 4 つ画像このモザイク画像は、周囲よりも高くとびでている部分の詳細なテクスチャー示すは、「ダーウィン」ゲイル クレーター内部と呼ばれる場所 この場所NASA の火星人工衛星解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラからイメージ見える露出露頭マウント シャープの「グレネルグ」領域から選択したもの










 9月19日火星の大気ににメタンがないこと判明!!



画像は、キュリオシテイ火星調査サンプル分析一部ある計測器波長可変レーザー分光装置内部測定チャンバー示す

NASAのキュリオシテイのデータは、火星にメタン検出されていないことを明らかにした

キュリオシテイからのデータ、火星環境にはメタンが欠けている明らかにした以前は、米国および国際的科学者による報告データは存在を示していたので
これ研究者とって、驚きとなる
ロービング研究室火星におけるメタントレースする広範なテスト実行した。火星大気ガスにメタンの痕跡が含まれているかどうかは、長年に渡り高い関心
が持たれていた。 これは
メタンの存在が生命潜在的なあるためだ。 メタン自体は生物なしに、生産することが出来る
「この重要な結果火星生命可能性検討する私たち努力直接役立つと主任研究者のマイケル ・ マイヤーが述べた「これは、現在の火星のメタンを生成する微生物の存在の確率を減らすものだ。 が 1 種類だけ微生物代謝に該当するだけだ。 我々は、メタン生成しない微生物多く種類があることを知っている。」

キュリオシテイは、 2012年10から6月まで6 に渡り、火星大気サンプル分析したがどれもメタンを検出していない使用される器械の精度から波長可変レーザー分光計ガス検出していない可能性を考慮する計算上火星大気におけるメタン 10億1.3 以下だろうと推測できる。
それ従来の推定値の約 6 分1 に当たる。  詳細は”サイエンスエクスプレス”で発表する。




「火星に生命」可能性低く 大気からメタン検出されず



米航空宇宙局(NASA)は19日、火星の大気からはメタンが検出されなかったとする探査機キュリオシティによる分析結果を発表した。地球のメタンの多くは微生物が生命を維持する際に生み出したもので、もしあれば火星にも生命が存在する根拠になる。今回の分析結果で、火星に生命が今も存在する可能性は低くなった。

 これまで火星を回る探査機や地球の望遠鏡からの観測で、火星の大気には一定のメタンが含まれるとみられてきた。

 昨夏に火星に着陸したキュリオシティは昨年10月以降、計6回大気を分析。メタンはほとんど検出されず、最大で見積もっても濃度は1・3ppb(ppbは10億分の1)で、地球の1千分の1以下だった。
---朝日新聞(25.9.21)

 もっと見る。 前回のNASAのリポート、11月3日 火星の大気を変える手がかりを発見










”ダーウィン” 露頭(25.9.13)



'ダーウィン' 露頭の進化興奮 ' ウェイ ポイント 1'

この日間NASA の火星探査車科学チームは、「ダーウィン」と呼ぶ岩の露頭に興味を持ち、集中的に調査中。












 9月14日長い走行後、予定のウエイポイントに近ずく




キュリオシテイは、非公式に呼称する「パノラマ ポイント」と呼ばれる頂上に達した。 パノラマ ポイントから白黒画像の"ウェイ ポイント ”とよぶ方面のの写真撮った。ここはNASA の火星人工衛星で決めたポイントになる



白黒のパノラマ画像、ウエイポイントを望む







 8月28日 フォブスにより日食を観測




2013 年 8 月 28 日キュリオシテイは、フォブスによる日食を観測
火星の衛生フォボスによる日食完全に太陽前にシルエット示している








 8月27日 初めて自律的ナビゲーションを試用




キュリオシテイは、初めて自律的ナビゲーションを試用。火星ドライブ間により多く距離に利用できる律的ナビゲーションを初めて使用した

(上図)グレネルグ' からマウント シャープルート進捗状況
キュリオシテイは2013 年 7 月 4 日「グレネルグ」を離れ"高速輸送ルート"マウント シャープ周辺の主要な目的地エントリーポイントに向かう





ソル 376日の ドライブ自律的ナビゲーションを使用して、先方に見える画像
キュリオシテイのナビゲーション カメラ (Navcam) から ソル376日 (2013 年 8 月 27 日)の モザイク画像









8月15日 火星の月(衛星)2個を撮影



キュリオシテイは火星の月(衛星)2つを撮影、大きな方がフォーブス、小さいほうは、ダイモスでフォブスの前を通過している。
火星の月と火星のサイズ比較
火星表面か見られる衛星のサイズと火星表目のサイズの比較







火星衛星
このムービー クリップは、キュリオシテイで観測され、火星 衛星の大きいフォボス小さい火星の衛星のダイモスの通過示している41 画像で構成され実際経過時間55













 8月6日 着陸時の興奮が再現


ソル356日(1年目)のキュリオシテイの位置





自画像: 'ジョン クライン' の近辺の自画像ソル177日 (2013 年 2 月 3 日)撮影の画像の組み合わせ

キュリオシテイ着陸興奮が再現する
劇的な緊張感に満ちた火星科学実験室宇宙船 NASA のキュリオシテイの着陸は、 2012 年 8 月 5 日太平洋夏時間 (2012 年 8 月 6 日 EDT) だった。今週のホット話題




火星探査車、活動1年 NASA、成果を祝福

 6日、米ワシントンで開かれた火星探査車キュリオシティーの活動1年を記念したイベント(NASA提供)   昨年8月に火星に着陸した無人探査車「キュリオシティー」の活動が1年を迎え、6日開かれた記念イベントで米航空宇宙局(NASA)の科学者らがこれまでの成果を祝福した。六つの車輪を備えたキュリオシティーはすでに1・7km近くの距離を走破。岩石サンプルの分析などから、火星が数十億年前には温暖で水にあふれ、生命を育むのに適した環境だったことを確かめた。首都ワシントンでの記念イベントにはボーデン局長ら関係者が参加し、「当初の探査目的は達成した」と成果を強調した。キュリオシティーは残り1年の活動計画でさらに遠くの丘陵地を目指して探査を続ける(共同)
---産経新聞(25.8.7)








 8月5日キュリオシテイの走行マップ



ソル 354日のキュリオイシエイの走行地図
このマップは、ソル354日 (2013 年 8 月 5 日) のキュリオシテイの走行ルート示す
ドライブ毎にソルの日を示すしスケール バー200 メートル (656 フィート)ソル 351日 151.18 フィート (46.08 メートル) 直線距離走行した










 8月2日もうすぐ最初の記念日(1周年)





マウント シャープへのルート 'ツイン ケアンズ'の画像、ソル343日撮影


連続画像

キュリオシテイはもうすぐ最初記念日来週 1 迎えるる。主な科学目標すでに達成し、古代火星に生命をはぐくむ環境を明らかにした








 7月24日火星の衛星から見たキュリオシテイの位置




衛星からキュリオシテイの光る画像
リコネッサンス衛星から、撮影した最近の画像;キュリオシテイの到着地点(ブルーの点)から轍の跡と現在地(明るい青白い点)
衛星の解像度画像科学装置 (HiRISE) カメラ2013 年 6 月 27 日に、まっすぐ下向きでなく、東向きの角度で撮影。
午後太陽照明がカメラ後ろに近いので影が生じ、微妙な変化が判別できる






キュリオシテイの走行ルート画像
上記の画像から抜粋












 7月23日 キュイリオシテイは見通しがよく平面で 1日で最大距離をの走行



撮像素子 (マハリ) カメラで撮影
NASA の火星探査車キュリオシテイは ソル340日、7 月 21 日の走行距離の 2 倍走行し 109.7 ヤード (100.3 メートル)移動した。
これは見通しがよく平面の為で、来週は、「autonav」機能を使用して探査車が自律的移動パス長時間ドライブをより頻繁行う計画










7月19日キュリオシテイの走行マップ、ソル338日(2013 年 7 月 19 日)現在



このマップは、ソル338日 (2013 年 7 月 19 日) 現在のキュリオシテイの走行ルートを示す
















 7月16日 総計距離数が 1 キロ以上に達した



NASA のキュリオシテイは、今回の走行で、総計距離数は 1 キロ以上に達した画像は1km総計走行距離の時点で撮影したもの。
ソル335日 7 月 17 日) の 最新のドライブ 38 メートル (125 フィート)含み 1.029 キロ (3,376 フィート)の総計総経距離に達した。更にに向けてトレッキング進行続けている














次期無人火星探査車、土壌採取技術の確立目指す(25.7.13)


米航空宇宙局(NASA)が、2020年に打ち上げる次期無人火星探査車の計画の概要を発表した。

 目玉は、土壌を直径1センチ、長さ6センチの棒状で採取して、約30本を箱に詰める技術の確立。成功すれば、20年代中盤以降、火星からの試料の持ち帰りに初挑戦する。かつて火星に存在したかも知れない生命の痕跡を探すとともに、将来の有人探査に向けた環境調査も進める。

---読売新聞(2013年7月13日)


次期無人火星探査車のデッサン


次期無人火星探査車のイメージ図













7月11日 3度目長いトレッキング 135 フィート走行



3度目長いトレッキングドライブ 135 フィート走行
キュリオシテイは、 7 月 9 日 (火曜日)に135 フィート (41 メートル)走行した。「グレネルグ」エリアからヶ月旅行マウント シャープへの3度目ドライブ

火星探査車キュリオシテイが135フィート走行後、ソル329日に撮影 (2013 年 7 月 9 日)。













7月8日 キュリオシテイ、マウント シャープトレッキング開始



キュリオシテイ、マウント シャープトレッキング開始

画像は、キュリオシテイのナビゲーション カメラ (Navcam) から最後科学ターゲット”グレネルグ”地域からホイール トラック振り返る
キュリオシテイ既にその主要な科学目的達成した領域背後にして、マウント シャープに向かう長い道のり走行し始める












 6月28日キュリオシテイの経路





経路(ソル317日迄)









 6月25日 ポイント湖


ポイント湖





ポイント湖の拡大画像

露頭の傾斜のある部分をレンズ撮像素子 (マハリ)「ポイント露頭表面か 4 インチ (10 センチ)の距離を離れて撮影したものこのクローズ アップ ビューは、穴の中に、岩の材料異なる小石が見られる。 細く少し暗く少し風化抵抗力がある思われる多く場合より多く耐性内装と、ポイントの岩にできた一種お堀だ











 6月24日 キュリオシテイの走行経路と場所



ソル313日の場所



キュリオシテイの経路(ソル313日迄)








 6月19日 立体画像作成



ロックネストのキュリオシテイから見た風景、パノラマ1周、拡大
パノラマ画像を見る









 6月11日 衛星リコネッサンスの画像



ラッセルクレーターの中の渓谷
衛星リコネッサンスから得た画像下に流れた線形の筋
NASA研究では、凍った二酸化炭素 - ドライアイス - いくつかが。火星砂丘落ちてを形成、ミニチュア ホバークラフトの様にガスクッションにして滑空して落ちた可能性があることを示す






ラッセルクレーターの中の渓谷、拡大範囲






火星の大気の温度を観測する衛星
火星が奇妙な大気温度のリズムのキー
火星大気温度定期的に上昇、下降するのは一度でなく2度起こることをNASA の火星偵察周回衛星を用いた研究者発見した
一日中で温度最大を昼と、次に温度最大真夜中後にも計測した。アーミン 氏、 NASA のジェット推進研究所











 6月7日 再びオポチュニテイはトレッキング開始



火星に到着後10周年を向けえるオポチュニテイは再び活動し、新しい目的地を目指す。(オポチュニテイの撮影画像)
ソランダー ポイント」と呼ばれる目的地を目指し、そこは"ケープ ヨーク"と呼ばれ、キュリオシテイガ過去 20 ヶ月間に観察した領域よりも地質多く、高い位置にある。
領域 14 マイル (22 キロ) エンデバー クレーター西縁に位置する



ケープヨークを離れるときのオポチュニテイの撮影画像




ボタニー湾付近の想像図



オポチュニテイの南周りの経路




ノビーズヘッド、オポチュニテイの撮影画像







過去の火星探査機の着陸地点図:

NASAの目標は大きな楕円のサイズから徐々に縮小させ、北マウントシャープの斜面の土地に絞るために、NASAのアポロ計画の地球に帰還宇宙飛行士によって使用されるものと同様の極超音速誘導エントリ技術に並びに改善技術をを使用した。今回の目標は着陸楕円の面積は、前のフェニックスの着陸楕円わずか7パーセントの大きさだった。

火星探査機と到着地点一覧図

1967年7-8月 バイキング1号
1876年7-8月 バイキング2号
1997年9月 マース・パスファインダー
2004年1月 スピリット
2004年1月 オポチュニテイー
2008年5月 フェニックス
2012年8月 キュリオシテイ

もっとオポチュニテイの情報を見る、P.1

過去の火星探査機情報を見る。P.1









6月5日 グレネルグからシャープ山



グレネルグからシャープ山
キュリオシテイの着陸地点からジョンクラインを経てシャープ山へ向かう概況




キュンバーランドでのドリルした後の画像



キュンバーランドの結石拡大図





ドリルする箇所の検討




ゲールクレーターのポイント湖

キュリオシテイが「グレネルグ」の着陸地点か1つ優先目標は、露頭「ポイントで、露頭 7 フィート (2 メートル) 20 インチ (50 センチメートル) 高さ表面は空隙またはキャビティで、精密検査により火山堆積物か判別可能








キュンバーランドのキュリオシテイの位置画像




経路(ソル302日迄)



レーザー光線で火星の岩を崩している様子










 5月30日-2 火星へ探検のカプセル、 火星旅行の被ばく量



火星へ探検のカプセル;左キュリオシテイのカプセル、右オリオン宇宙船

画像はNASA 火星科学実験室クルーズ カプセル(キュリオシテイを運んだ)、現在 NASA ジョンソン宇宙センター建設されている人を運ぶ NASA のオリオン宇宙船を示す。




キュリオシテイは、電離放射線惑星間空間放射線評価検出器 (RAD)太陽遠方超新星情報源から来ている原子素粒子高エネルギー粒子監視している。  

RAD監視している放射線は2種類あり、 2 つ主な種類示し地球近く空間における放射磁界地球周りどのように影響しているか示す。
銀河宇宙線超新星爆発等から来る放射線シャワーがソース1で、太陽は、高エネルギー粒子、放射線主なソース2です太陽は、電子陽子重いイオンを太陽フレア太陽のコロナ」から噴出する。




放射線被曝火星旅行レベル比較

このグラフは地球から火星への旅で 2011 年 2012年に火星への地球からフライト間に NASA の火星科学実験室宇宙船内部シールド放射線評価検出器装置による測定された放射線比較
垂直方向スケール対数で、ラベル最低 1 つよりも 10 以上となる「線量単位はミリシーベルト
左から;年間宇宙の被ばく(海面)、年間アメリカの被ばく、腹部のCTスキャン、年間DOE(エネルギ-省)労働者の被ばく制限量、ISSに6ケ月滞在の被ばく(平均)、MSL火星への旅の被ばく








地球から火星旅行放射測定

このは、NASA の火星科学研究所のキュリオシテイが地球から火星旅行 2011 年 12 月から 2012 年 7 月の間に、シールド放射線評価検出器によって検出された自然放射線レベル示す。図の放射線レベル突出部は2 月3 月 2012 年 5 月下旬太陽活動によって引き起こされた、大きな太陽高エネルギー粒子ために発生したもの












 5月30日 小石の多い、古い河床を新たに証明




小石の多い、古い河床を新たに証明。キュリオシテイの調査は、古い河がどのくらいの速さで、どのくらいの深さで流れたか明らかにする





火星の河床 (ステレオ カラー 証拠
丸みを帯びた小石「リンク」と呼ばれる示す。このステレオ ビューは、火星に勢いのある流れ証拠となる。画像は赤青メガネ左側レンズ通して見たとき 3次元が表示される。 スケール バーは、 5 センチ (2 インチ)














 5月21日 最新の自画像



”ジョンクライン”にいるキュリオシテイの最新の自画像










 5月20日キュリオシテイ2回目のドリル



キュリオシテイは2回目のドリルを行った。 ロボットアームで「カンバーランド」と呼ばれる内部から粉末試料収集するためドリルを使用した





「カンバーランド」と呼ばれるドリル前と後の画像










 5月16日 地球外での世界走行記録'カンバーランド' のキィリオシテイ




地球外での世界走行記録

グラフは、地球の火星表面で、様々 な探査車の駆動距離比較を示す表示されている NASA のクキュリオシテイとオポチュニテイの2つは活動中で、 2 つ 距離は2013 年 5 月 15 日現在の駆動距離を示す

もっと火星探査機の情報を見る,p.1








'カンバーランド' のキィリオシテイ
掘削のターゲット「カンバーランド」を、ソル275日(2013 年 5 月 15 日)に、キュリオシテイの危険回避カメラ撮影












 5月9日 2番目の探索場所を選択



2 番目掘削ターゲットを選択する。

キュリオシテイの コース今後数日間穴をあける位置設定する
2 番目掘削ターゲットは「カンバーランド」と呼ばれ、2月にドリルした岩より、 9 フィート (2.75 メートル) 西にある。
「ジョンクラインと呼ばれるから最初岩石試料取り、古代微生物生活環境証拠発見した。両方は、でこぼこ表面"イエローベイ"と呼ばれる浅くて平らな盆地にある





カンバーランド'と呼ばれるがん岩盤で 2 番目のドリルのターゲットとして選択されている













資料元:JPL、NASA、yahoo、google、ロイター等

 キュリオシテイの記録・バックナンバー
ページ選択
5
4
3
2