火星探査車・キュリオシテイの最新情報の記録


  •                 
  •  
  •  mixiチェック 
  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote 


   
 キュリオシテイの記録・バックナンバー
ページ選択
5
4
3
2

 




キュリオシテイの火星滞在・地球時間
火星時間を見る





番外編: オポチュニテイ(前の火星探査車)が火星活動10周年を迎え、過去の活躍情報、他スピリット情報(26.9.5)



火星を走行するオポチュニテイ  想像画



サンセット グセフクレーター (2005年5月16日撮影)


エンヂュランスクレーター 色彩は仮の色合い (2006年1月23日撮影)


メリデイアン 平原


ランデイング クラフト イーグルクレーター(2009年10月9日撮影)


空になったランダー チャレンジャーメモリアルステーション (2011年1月1日撮影)


オポチュニテイの自我像(2006年10月9日撮影)


オポチュニテイの影の自画像(2004年6月26日撮影)




 火星探査車 スピリット(前の前の探査車)




自画像 火星探査車スピリット(2004年1月4日撮影)


火星探査車スピリットの姿 












8月5日 着陸から2周年目を迎える




NASA の火星最も先進的なローバーのキュリオシテイは、 2012 年 8 月 5 日に赤い惑星のゲイル クレーターに着陸以来、第 2 周年目を迎える
最初1年間のトピックスは、ローバーが火星がで環境微生物生きる条件提供したかどうかを見極める主要な科学目標達成したことだ粘土堆積岩石のあるイエロー ナイフと呼ばれる領域にある火口原湖底には数十億前に微生物主要元素成分新鮮な提供する証拠が得られた。
着陸前にその居住性質問答えを得るには時間がかかると予想していた」プロジェクトリーダーの科学者ジョン Grotzingerカリフォルニア工科大学パサデナ、と述べ、「幸い古代河床近くに着陸ができた私たちは更に環境条件詳細学びたい。今も火星は進化しているが我々それを探す場所知っている."と述べた。


画像は地平線上にマウント シャープ、その斜面に、砂床渓谷「隠された北東に積土を示す。








5月15日検査後のウインジャナ



深い穴のクローズアップ画像






検査
後の火星の検査対象の 'ウィンジャナ'
キュリオシテイのビューレンズ撮像素子 (マハリ) から ターゲットの「ウィンジャナ」その周辺ローバーによるサイト点検の撮影画像。テストサンプル採取掘削の目に見える表面より著しく、より少なく赤いドリル墳丘作成した










5月6日 キュリオイシテイ砂岩スラブをドリルで穴を開ける



火星砂岩ターゲット 'ウィンジャナ'ドリル穴でサンプル コレクション
このイメージ は、ナビゲーション カメラ (Navcam) から「ウィンジャナ」と呼ばれる砂岩ターゲットにある上部中央に 2 つを示している。 周囲の大きい遠くフル深さサンプリングのドリル穴だ キュリオシテイのハンマー ドリルにより、岩石内部から岩石粉末試料収集発生した近いサンプル準備用で浅い試掘にしたものホール 0.63 インチ (1.6 センチメートル) 直径完全深さ 2.6 インチ (6.5 センチメートル)の 深さ火星621st 日目または sol 火星 (2014 年 5 月 5 日)ドリル掘削した。




火星砂岩ターゲット 'ウィンジャナ'











4月16日衛星から見たキュリオシテイの画像、 小さな鮮やかなブルーで表示



キュリオシテイのキバリー近辺のトラック
NASA のキュリオシテイの軌道2014 年 4 月 11 日NASA の火星下検分人工衛星・リコネッサンスで解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラによって取得され表示された
キュリオシテイ、画像の方部に見える最も大きいビュート(丘)の時計の2時方向に、誇張された鮮やかブルーで表示されている








4月3日キンバリ-へのドライブマップ sol589日




キュリシテイーのドライブ マップ・'キンバリー' ウェイ
このマップキンバリーへアプローチ3 月および 2014 年 4 月NASA 火星好奇心によって駆動ルート示している









4月2日到着点から'キンバリー' ウェイ ポイントビュー



NASA のキュリオシテイは、sol 589th 火星または (2014 年 4 月 2 日)到着直後キンバリーと呼ばれるウェイ ポイントの画像。さまざまロックがあり近く一緒にお互い解読できる地質関係上、多様性があるためにンバリー 2013 年主要なウェイ ポイントとして選ばれた。








 平成26年2月27日 砂漠地帯をゆく



キュリオシテイが東北に向かい、後ろの風景(ジュンダステーション)を撮影




シャープ山と周囲の風景



シャープ山と周囲の風景、立体画像



紋筋性地面、同じ方向に筋のある興味のある地域に入った。



デイエンゴ地区のパノラマ画像









平成26年2月18日 最新航路マップ



地図はいままでの走行ルートとヂンゴギャップに向かうルートを示す。


走破した跡を見る画像


キュリオシテイの影








平成26年2月11日 火星の砂漠地帯を横切る



砂漠地帯の尾根の添って登り、トラバースし続けるキュリオシテイが撮影した画像


デインゴギャップに向いて撮影









平成26年1月6日 人工衛星から撮影したキュリオシテイの走行跡


NASA の火星探査車・キュリオシテイ走行する車輪によってできた、でこぼこの平地を走る 2 つ平行トラック・走行跡は、 NASA の火星人工衛星の解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラによって 2013 年 12 月 11 日撮影された

NASA の火星探査車・キュリオシテイの走行跡は、ゲイル クレーターで走行中 2013 年 12 月 11 日 NASA の人工衛星解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラ撮影された その走行跡のルートは、主要な目的地のシャープ山の斜面に向かって、障害物を避けてジグザグ行進した様子を示している。








2013 年 12 月、衛星:リコネッサンスから撮影したキュリオシテイの軌道

NASA の火星のキュリオシテイの走行軌跡は、NASA の火星人工衛星・リコネッサンスの解像度イメージング科学実験 (HiRISE) カメラで 2013 年 12 月 11 日に撮影された。 キュリオシテイは、画像の左下近くに見えるスケールの参考、 ホイール トラック 2 つ平行線の幅 10 フィート (3 メートル)










12月20日 パノラマ画像撮影・岩の多い地面




キュリオシテイは火星の岩が多い地面を走行中
キュリオシテイは、火星日 477 火星ソル (2013 年 12 月 8 日) に、 17 フィート (5.3 メートル)にあるナビゲーション カメラ (Navcam) から 360 度のパノラマ画像を撮影した














12月11日 火星で淡水湖の形跡を発見、微生物がいた可能性も(産経新聞・NASA)


米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」が、数十億年前にあったと見られる淡水湖の形跡を発見した。微生物が生息できる環境があったことを裏付けるものだ。

青い部分は、数十億年前にあったと見られる淡水湖の範囲を示している。水はクレーターの縁から下に向かって流れ落ちていたと見られ、長い歴史のなかで、こうした湖が出来ては消えていたと見られる。右側に25kmのスケールバーがある。画像とキャプションはNASA

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」による最新の発見は、遠い過去に火星に存在した淡水湖の形跡だ。単純な微生物の命を支えていたと考えられる環境の一部を成すものだ。

 この湖はゲール・クレーターの内部にあり、10万年以上の間、長さ約50km、幅約5kmの範囲を覆っていたと考えられている。

 『Science』誌に12月9日付けで発表された論文には次のように記されている。「探査機キュリオシティは、非常に粒子の細かい堆積岩を発見した。これは大昔に湖であったことを示している。さらに、化学合成無機独立栄養に基づく火星の生物圏を支えるのに適していたと推測される環境の形跡を保つものでもある」

 この湖で生息していた可能性があると研究チームが考えている化学合成独立栄養生物とは、周囲環境にある電子供与体の酸化によってエネルギーを入手し、さらに、必要なすべての有機化合物を二酸化炭素から合成する生物のことだ(使う分子は有機物の場合もあるし無機物を使う例もある)。こうした生物は、地球でも見つけることができる。一般に見つかるのは洞窟や海底の熱水噴出孔などだ。

「地球上のこうした微生物を採取して、火星のこの湖に入れたら生き延びるだろうか。答えはイエスだ」と、キュリオシティ・ミッションの主任科学者を務めるジョン・グロッツィンガーは記者会見で述べたと報道されている。同氏はカリフォルニア工科大学の惑星地質学者でもある。

 イエローナイフ湾と呼ばれている場所から採取された2個の岩石サンプルを分析した研究チームは、粘土鉱物の一種であるスメクタイトを発見した。その化学組成は、これらが水中で形成されたことを示すものだ。塩分は低く、pHは中性だった。これらの鉱物が形成された水は、かつてその中に存在していた生命にとって、酸性が強すぎることも、アルカリ性が強すぎることもなかっただろう。さらに、炭素、水素、酸素、窒素、硫黄の痕跡も確認された。

 キュリオシティが火星に初めて着陸したのは2012年8月だ。水の形跡は、2013年9月にキュリオシティによって、火星の土のサンプルから初めて発見されていた。
---産経新聞(25.12.11)




根拠となる証拠・画像説明



火星に昔湖があり、微生物がいた。


ゲールクレーターとシャープ山(中央)



キュリオシテイの着陸点とジョンクラインの岩石の場所、水が流れた痕(扇状地)


左はオポチュニテイが発見した岩、右はキュリオシテイが発見した岩:キュリオシテイが発見した岩の分析から微生物の生活環境があったことを示す。(NASA)



右のジョンくクラインと左ロックネストの岩石をドリルした粉のX線分析の比較;

ジョン ・ クラインの ドリル豊富な粘土鉱物存在豊富な欠如は新鮮な環境暗示するマグネシウムまたは硫酸塩 (NASA の火星探査ローバーオポチュニティによってメリディアニ平原における発見・左) よりも、むしろカルシウム硫酸塩存在アルカリ性 pH 環境中立示唆しているRocknest影の鉱物活動乾燥した (風形) 環境を示唆しているジョン クラインの鉱物は、水分活性湖成層 (湖底) 環境示唆している










12月9日キュリオシテイの成果; 最初火星年齢測定人間探査を支援



ゲイル クレーター 侵食

マスト カメラ (Mastcam) 機器から画像モザイク画像は、イエロー ナイフ西北西に向かいゲイル クレーターグレネルグ周辺堆積示している。


NASA のキュリオシテイ、火星過去について重要な洞察力提供し将来ロボット人間のミッション計画支援するものだ
赤い惑星でキュリオシテイは、 1 年以上調査し、火星年齢決定する証拠発見微生物生命を維持してきた可能性大気の表面上の放射線最初測定、
自然の岩石の侵食の様子を撮影し明らかにした。 キュリオシテイのチーム メンバー、これら結果を、今日オンライン出版される六つ論文アメリカ地球物理学連合サンフランシスコ会議で発表する。 詳細は放映された記者会見参照











12月5日放映された記者会見: NASA キュリオシテイの成果







動画:シャープ山への道のり(2分17秒)

NASA のキュリオシテイは微生物生命にとって有利な古代火星環境条件に関する証拠を調査している調査結果は、未来の火星生物存在の痕跡の探索と、将来人間の火星ミッションために有効である




10000回目のレーザーショット









11月20日 キュリオシテイの電気問題診断する作業




NASA の火星探査車キュリオシテイ数日観察を中断している。エンジニアは、11 月 17 日以来、電圧変化の原因確認するテスト実行
「キュリオシテイ安全で安定しており完全に今の現在状態動作ができる、ソフトショートあるかもしれないために予防措置取っている NASA ジェット推進研究所プロジェクト マネージャー ジム エリクソンは述べた。「ソフト」ショート電線などハードショートではなく電気伝導性何かを介してリークするショートをいう。









11月13日 2機探査機が同じブサイトに




火星探査機オッポチュニテイ からステレオ'マレーリッジ'を撮影

火星NASA の 2 つ活躍している火星探査機は、影響力のある惑星科学者ブルース ・ マレー (1931年-2013 年) に敬意を表して「マレー海嶺「マレー ビュット"と呼ばれま場所にいる
オッポチュニテイ探査機はほぼ 10 現在マレー リッジ登り、リムにいる。NASA の新しい探査機キュリオシテイはその使命の主要な目的地入り口であるマレー ビュットに向かって向かっている






11月12日 セーフモードから正常に復帰を確認



日曜日 11/10)、NASA火星科学実験室プロジェクト に、NASA の火星探査車のキュリオシテイから、セーフモードから
公称サーフェス操作モード移行されたことを確認した 117予期しないソフトウェア再起動 ウォーム リセット呼ばれます) が発生したとき以来、セーフ モードしてきた明日には、計画の施行が再開され科学操作は木曜に再開される






11月8日 コンピューターのワーム(故障)リセットを行う




NASA の火星探査車のキュリオシテイ予期しないソフトウェアのトラブルを経験し、 (ウォーム リセット呼ばれる)再起動 (13/11/07)した。通信中にトラブルが発生し、4時間半かけて新しい飛行ソフトウェアメモリ一時的に送信したときにこのコンピューターリセットが発生した













 6月24日 キュリオシテイの走行経路と場所



ソル313日の場所



キュリオシテイの経路(ソル313日迄)









5月9日 2番目の探索場所を選択






経路(ソル302日迄)












資料元:JPL、NASA、yahoo、google、ロイター等
編集の上掲載


 キュリオシテイの記録・バックナンバー
ページ選択
5
4
3
2