火星探査車・キュリオシテイの最新情報の記録最新ページ


  •                 
  •  
  •  mixiチェック 
  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote 


   
 キュリオシテイの記録・バックナンバー
ページ選択






 




キュリオシテイの火星滞在・地球時間
火星時間を見る





8月19日 調査を終えて、前進



キュリオシテイは、ここ週間の”マリアス 峠”地帯の地質調査で予期しなかったシリカ水素含有多い調査後出発し南西方向に前進します水素は、地中ミネラル結合されていることをことを示します

この"Marias Pass"地域で、好奇心「バックスキン」と呼ばれる目標サンプルそのドリル使用し、その後自画像を撮影するためロボットアームカメラ使用し、劇的に低いアングルから新しいキュリオシテイを数枚撮影した。






7月23日奇妙なベッドロック発見・調査


火星着陸 3 周年近づいているNASA のキュリオシテイは、 シリカ驚くほど高いレベルの岩発見しましたシリカ造岩複合シリコン酸素水晶として地球よく見られます 興味深いので、調査を進めます。
この地域は、低い シャープ山の「マリアス近の下り坂で、地質学的に露出領域からある地域です。







5月22日 キュリオシテイ山の走行を考慮してルート変更



岩が露出する個所を超えるのは困難と判断してルートを変更





5月9日火星穏やかな日没観察


火星で青みがかった太陽が沈んでいく様子のアニメーション画像(数枚の送信された画像をアニメーション化)956日目
細かいダストが大気中に舞っている為に、青色の光がとおり易いので、青色がかって見える。




4月22日 リコネッサンス衛星からキュリオシテイを確認


4月8日に、衛星リコネッサンスから、シャープ山の麓の「アーテイスト・ドライブ」を走行するキュリオシテイを撮影
キュリオシテイは949日目で、当日は23M走行した。




キュリオシテイが着地後10km走行後の走行マップ(4月16日)



キュリオシテイは2012年8月に着地後既に走行距離は10kmに達し、4月16日、火星で957日目の位置がグリーンの星マーク、浅い谷を抜けて「アーテイスト・ドライブ」を通過した。




火星の地表近くに塩水か…探査車発見の化合物(27.4.14)

火星の地表近くに液体の「塩水」があるかもしれないという研究成果を、欧米の研究チームが13日付の科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に発表する。

 研究チームは、米航空宇宙局(NASA)の無人探査車キュリオシティが地表で見つけた化合物に着目した。この化合物はカルシウムを含む塩の一種で、水分を吸収すると「塩水」となり、純粋な水より凍りにくい。湿度や気温などを基に計算した結果、低温になる夜間は化合物が大気中の水蒸気を取り込み、塩水になっていると推定した。

 チームは「我々が知っている微生物が存在するには気温が低すぎる」と慎重だが、宮本英昭・東京大准教授(惑星地質学)は「地表近くに水があれば、生命がいてもおかしくないと思う」と話している。

 火星の地表には、過去に水が流れた跡のような地形が数多くあるが、これまで液体の水は確認されていない。太陽系では、土星の衛星エンセラダスの海にも、生命が存在しうる環境が見つかっている。
---読売新聞(27.4.14)






オポチュニテイ 火星42.195キロ、11年かけ走破 NASA探査車(27.3.26)

米航空宇宙局(NASA)は、2004年1月から火星表面で活動を続ける探査車オポチュニティーが、マラソン競技と同じ42・195キロを走破したと発表した。探査車の移動距離としては過去最長で、火星着陸以来、11年2カ月で達成した。

写真・図版
火星表面を移動する探査車オポチュニティーのイメージ図=NASA提供

 NASAによると、オポチュニティーは現在、着地点から約30キロ離れた巨大なエンデバー・クレーターの縁を探査中。太陽電池でモーターを動かし、設計寿命の3カ月間を大幅に超えて活動を続けている。これまでの探査で、太古の火星に水があり、生命の存在に適した環境があった可能性などがわかってきた。

 昨年、旧ソ連の月面探査車ルノホート2号の月面での移動距離を上回り、探査車の最長距離に達した。NASA幹部は「距離を競うのが任務ではないが、火星でマラソン(の距離)を走ったのは、すごいことだ」と話している。(ワシントン=小林哲)
---朝日新聞(27.3.26)






12月13日 アクテイブで古代の有機化合物を発見



'カンバーランド' でドリルの穴(26年5月19日に粉末を採集し、検査)

NASA のキュリオシテイは有機分子ロボットドリルによって収集された岩石粉末試料から、メタン今まで計測されたサンプルの有機化学10 倍の値メタン、を検出した。
「この一時的なメタンの急激な増減はいくつか比較的ローカルの原因がある必要がある、ミシガン大学のスシル アトレヤ氏、科学チームメンバーは、生物学的又は、非生物学的な、相互作用など多く可能な原因」と述べた。
研究者は、この20ケ月間、大気のメタンを20回以上観測し、2013 年後半初期の 2014 まで 2 つ間に 4 つ観測値の平均値は7の10億1を観測し、その前後では、10 分の 1 レベルであった。
キュリオシテイは、カンバーランドの地点の岩石の掘削粉から有機化学物質検出した(下記のグラフ参照)。これは、火星表面材料有機物最初決定的な検出できた岩である火星有機物火星上で形成されたか、又は火星隕石落ちたでもたらされたものと考えられる
通常有機分子炭素および水素含む組成であるが、生命存在なし存在することができる大気サンプル分析から、キュリオシテイの調査の結果かどうか火星生きている微生物の存在をの期待抱いていた調査結果化学的にダイナミックな現代火星古代火星上に生命にとって有利な条件であるか明らかにしていない。
「我々 この調査の結果のパズルに取り組んでいます。」と、 パサデナカリフォルニア工科大学プロジェクト科学者ジョン グロチンガー氏 は述べた"我々は、大気中のメタン変動引き起こす活性化学詳細学ぶことができるか我々は、 有機物識別できる岩石を選択できるだろうか?」今後の課題だ。



'カンバーランド' サンプルと他の場所のサンプル比較

このグラフは、 「カンバーランド」岩石試料検出されたクロロ ベンゼン有機化学物質と、の3つの火星表面ターゲット同じ化合物量の比較を示す。



火星で有機物が見つけにくい説明:下から不浸透性の岩の層、有機テーブル(左)、増加した有機物の破壊、宇宙線に被爆した表面、浸食された崖、風砂による浸食

このは、なぜ火星有機性化学薬品を見つけることが難しいか、いくつか理由を説明しているどのような有機性化学物が火星で生成されたか、火星に運ばれたかいくつか可能な方法を示している。

有機性化学物は、生命分子のブロックだが、生命存在なし行うことできる有機性化学物が火星プロセスによって生成されるのか、又はいくつか小惑星彗星から隕石およびに乗って火星にもたらされたのか不明だ









12月8日火星の水のある風景をいか作ったか手がかりを見つける(26.12.8)



火星ゲイル クレーターシミュレート画像;ゲイル クレーター融雪流出により部分的に水の補充を受けた示す。

キュリオシテイの観察により、火星マウント シャープ何百万年間の堆積物により、作られたことを示唆している
ゲイル クレーター観察から古代火星では多く場所長期的な生成可能性できる気候維持されていた示唆している

NASA のジェット推進研究所プロジェクト科学者は、「”マウント シャープ仮説”は、暖かく湿った環境一時的な地域または地下にあったという仮説を持っている。」「より根本的な説明火星の古代は、火星全域で凍結厚い大気発生温度があったという仮説だが、その環境がいかにできたかはまだ不明。」と述べている。
なぜマウントシャープは、この層状クレーターあるのかという研究者挑戦的な疑問があるマウント シャープは 3 マイル (5 キロメートル)高さでそれよりより低い側面何百ものが観られる-繰り返し交互に行われて - は長期間にこの作業が繰り返され、堆積物となり湖の水が蒸発した結果できたものと岩の層が証明している。


ゲイル クレーター火星侵食堆積作用
どのようにゲイル クレーター形成しているか、可能性を示す左図はクレーター堆積物塗りつぶし、黄色の扇状地デルタ堆積物ウェットドライ期間中に存在する茶色沈殿物右図は、 侵食の連続を示す


乾式湿式期間堆積
この一連画像は、火星マウント シャープ地質堆積を、地球撮影した画像で乾燥した期間と湿潤交互による堆積による実例を示す。



'キンバリー' 近く傾斜している砂岩ベッド
「キンバリー」ウェイ ポイントすぐ撮影したこの画像砂岩はマウント シャープに向かってゲイル クレーターから南西傾斜しているベッド傾きからマウント シャープに向かって堆積物構築を示これら傾斜ベッドは、火口から、今あるマウントシャープから、北流れる湖に流れる川によって供給された、小さいデルタ堆積物として解釈される





時間かけて構築した複数デルタ
このデルタ堆積地質層から出来た垂直断面示す。一連連続した堆積物は、上に積まれて高くなった。
この作業が繰り返され、堆積物となり湖の水が蒸発した結果できたものと岩の層が証明している。


水流を示す火星石の証拠


水流火星石の証拠


モデル ゲールクレーター、中央にマウントシャープ


マウントシャープを望む キュリオシテイ

組織的に中央に向かって堆積された岩









衛星で作成した分布マップとドリルの結果一致(26.114)


コンフィデンスヒル、シャープ山で最初にドリルをした場所
キュリオシテイは9月末に、コンフィデンスヒルでドリルした粉末を分析した結果過去2年の石や土の分析よりも多くのヘマタイトが含まれていることが判明した。へマタイトは、赤鉄鉱で、それ形成されたから古代環境条件手がかり与える鉄酸化物鉱物 NASAのリコネッサンス衛星は既にコンフィデンスヒルを含むパールアンプヒルに多くのヘマタイトを発見しており、衛星のデータとドリルのデータと一致したことは研究者を力づける結果となった。


キュリオシテイの'パーランプ ヒルズ'の走行跡 26.11.4
赤丸はその日の最終地点を示す。








キュリオシテイの着地からパーランプ ヒルズへのルート(26.9.25)



上が北、星印は着地点、青の参画印は地質上のウエイポイント、赤はキュリオシテイの走行軌跡
このマップは、2012 年 8 月"ブラッドベリ着陸"地点の場所からマウントシャープ最も低い場所でドリルした「パーランプ ヒルズまでの駆動ルート示している
キュリオシテイは、パーランプ ヒルズに、653日目の、火星 2014 年 9 月 19 日)に、73 フィート (22.4 m)走行して到着した









マウントシャープに到着(26.9.11)



マウントシャープの麓 
大画面を見る


NASA のキュリオシテイは、火星長期的な主要目的地であるマウント シャープに到着した。マウントシャープは、広大なゲイル クレーター中央マウント ・ レーニエ と同サイズ
キュリオシテイは、山のより低い斜面から調査を始める以前計画したエントリーポイントマレー ビュットではなくローバー パーランプと呼ばれる露頭付近エントリ ポイントから始める。



今後の走行予定; 緑星が現在位置 黄色線が予定ルートを示す










番外編: オポチュニテイ(前の火星探査車)が火星活動10周年を迎え、過去の活躍情報、他スピリット情報(26.9.5


過去の探査機着陸地点 総合画像
過去の火星探査機の着陸地点図:
NASAは着陸目標を大きな楕円のサイズから徐々に縮小させ、北マウントシャープの斜面の土地に絞るために、NASAのアポロ計画の地球に帰還宇宙飛行士に使用された極超音速誘導エントリ-技術に並びに改善技術を使用した。今回のキュリオシテイの目標の着陸楕円の面積は、前のフェニックスの着陸楕円わずか7パーセントの大きさまで精度が上がった。



探査車比較(サイズ) : ジャーナ(1997)、スピリット(2004)、オポチュニテイ(2004)、キュリオシテイ(2012)


到着時点と火星探査機の一覧図

1967年7-8月 バイキング1号
1876年7-8月 バイキング2号
1997年9月 マース・パスファインダー
2004年1月 スピリット
2004年1月 オポチュニテイー
2008年5月 フェニックス
2012年8月 キュリオシテイ


過去の火星探査機の着陸地点
左上;フェニックス、左中;バイキング1、パスファインダー、オポチュニテイ、右上;バイキング2、スピリット
 詳細情報はP.1







火星を走行するオポチュニテイ  想像画



サンセット グセフクレーター (2005年5月16日撮影)


エンヂュランスクレーター 色彩は仮の色合い (2006年1月23日撮影)


オポチュニテイの航跡 水平線、ビクトリアクレーターを超えメリデイアニ平原


エンダバークレーター


ランデイング クラフト イーグルクレーター(2009年10月9日撮影)


空になったランダー チャレンジャーメモリアルステーション (2011年1月1日撮影)


オポチュニテイの自我像(2006年10月9日撮影)


オポチュニテイの影の自画像(2004年6月26日撮影)




 火星探査車 スピリット:2004年1月にスピリットは着地




自画像 火星探査車スピリット(2004年1月4日撮影)


火星探査車スピリットの姿 
---USAToday(26.9.5)












8月5日 着陸から2周年目を迎える




NASA の火星最も先進的なローバーのキュリオシテイは、 2012 年 8 月 5 日に赤い惑星のゲイル クレーターに着陸以来、第 2 周年目を迎える
最初1年間のトピックスは、ローバーが火星がで環境微生物生きる条件提供したかどうかを見極める主要な科学目標達成したことだ粘土堆積岩石のあるイエロー ナイフと呼ばれる領域にある火口原湖底には数十億前に微生物主要元素成分新鮮な提供する証拠が得られた。
着陸前にその居住性質問答えを得るには時間がかかると予想していた」プロジェクトリーダーの科学者ジョン Grotzingerカリフォルニア工科大学パサデナ、と述べ、「幸い古代河床近くに着陸ができた私たちは更に環境条件詳細学びたい。今も火星は進化しているが我々それを探す場所知っている."と述べた。


画像は地平線上にマウント シャープ、その斜面に、砂床渓谷「隠された北東に積土を示す。













資料元:JPL、NASA、yahoo、google、ロイター等の画像を編集の上掲載


 キュリオシテイの記録・バックナンバー
ページ選択