参加をご検討されている方々や企業(以下参加者と示します)から多くお聞きする質問と、
それに対する回答をご説明致します。
質問1

マーケットとバリューマーケットではどのように相違がありますか?iMart はどちらですか?

質問2 参加するのにどの程度費用がかかるのですか? 多額の投資を必要としませんか?
質問3 インターネットで取引して、取引内容が外部に漏れたり、不当にアクセスされる心配はありませんか?
質問4 電子ビジネス又は、eコマースは、有望な分野といわれていますが、 従来のビジネスの取引とどこが違うのですか?また、その中でiMartが優れて いる点は何でしょうか?
質問5 実際にiMartでマーケットを始めるのに何が必要ですか?
質問6 eコマースに参加するのに,社内の体制は従来の通りでよいのですか?
質問7 実際のパソコンでの操作や、具体的にどの様な手順でiMartの発注 ・ 受注が出来るのか、詳しい説明が欲しいのですが?
質問8 iMartの取引の方法について、販売側が提示する価格で、購入するかしないか決めるだけですか?値段の交渉、支払条件等の交渉は出来ないのですか?
質問9 iMartのサプライサイド(売手)とバイサイド(買手)の供給側と購入側は、単に買手と売手と考えて良いのですか? 何か違う点がありますか?
質問10 iMartの利用で、販売側(メーカー、卸売業、団体、個人など)にとって、新しい市場が開拓できるという意味を、わかりやすく説明して下さい
質問11 買手側にとって、iMartを使うメリットは、品揃え、価格競争力 が拡充できると言う説明ですが、もう少し詳しく説明して下さい。
質問12 iMartに興味があり、将来性があるとは考えているが、本当に実益があるか未知数と思われるし、現在の取引先が良い顔をしないと思うので踏み切れないのですが何か良い方法がありますか? 試しに短期間利用する等はできますか?

質問1
マーケットとバリューマーケットではどのように相違がありますか?iMartはどちらですか?

答え1

マーケットは、企業対企業の商取引をインターネット上で電子的に行うものです(BtoB)。BtoC(バリューマーケット)は、企業対消費者の関係を意味する言葉で、企業が最終顧客である対消費者に限定してインターネットを通して直接販売する販売形態です。マーケットは企業間取引ですから、一般的にはBtoCに比べ一回の取引における取り扱いロットは大きく、販売する側も購入する側も両者とも経済的なメリットがあります。

iMartは、マーケット+バリューマーケット(BtoB+C)市場として登録された個人消費者を対象としたマーケットも併設します。このマーケットは、限定商品や特別企画商品等の販売、新製品の導入テストやiMartに参加いただく企業の社内販売に相当するクローズドなバーゲンセール、在庫処分の他、個人を対象としたオークションにもご利用いただけます。

トップに戻る

質問2
参加するのにどの程度費用がかかるのですか? 多額の投資を必要としませんか?

答え2

機械設備、ソフトウエア開発費用、運用・保守等の全て即ち、eコマース環境の開発・設置・運営は当社が 行います。従いまして、投資費用は、全く必要ありません。

バイサイドとバリューマーケットを利用する個人会員の参加は原則として無料です。
サプライサイドとして参加される会員企業は、月会費として5万円から参加いただけますが、現在キャンペーン中につき、更にお安くご利用いただけます。
詳細 は
会費のページをご覧下さい。

トップに戻る

質問3
インターネットで取引して、取引内容が外部に漏れたり、不当にアクセスされる心配はありませんか?

答え3 セキュリティは万全の体制をとっていますから、外部に漏れることはありません。iMartは会員制ですし、各会員の企業ID・個人ID、承認番号、担当パスワード、ファイヤーウォール等を設置しております。
サプライサイド(売り手)企業間はもちろんのこと、バイサイド(買い手)企業に対しても、相手先を指定して、iMartに参加していること自体を秘すことができますし、商品やサービスのカタログや価格の表示・非表示を設定できるシステムです。
参加者は全て登録制ですから、ID番号とパスワードを獲得した方のみがiMartにアクセスでき、不当なアクセスは不可能になっています。
したがって、参加される全てのバイサイド企業やバリュー・マーケットの個人会員が全てのマーケットやカタログにアクセスできる訳でもありません。
また、競合会社がマーケットの中で、カタログを無制限に閲覧することもできない仕組みになっています。
トップに戻る

質問4
電子ビジネス又はiMartは有望な分野といわれていますが、 従来のビジネスの取引とどこが違うのですか?また、その中でiMartが優れている点は何でしょうか?

答え4

広い範囲のご質問ですので、簡単なご説明になります。
例えば、ヤフーなどの検索サイトをご覧になれば、探したい情報に関連する言葉を入力して、関連するホームページアドレスを表示しますが、様々な情報が検索されすぎ、目的の情報にたどり着くには大変な手間がかかります。
iMartでは、マーケットが商品カテゴリーごとに分類されているので、欲しい商品をインターネットで簡単に探すことができます。

受発注はカタログ上でそのまま行え、デジタルデータとして保存されますので、伝票作成等の事務処理が削減されます。つまり、電子化できる全ての作業をiMartのサーバーコンピュータとお客様のパソコン上で行うことができるのです。他の言い方をすれば、一度電子化すれば、その後の技術的な発展はやさしくなります。革新的な技術を容易に受け入れることができることが従来と大きく異なる点です。

勿論、機械やシステムは万能ではありません。重要な判断やチェックは、人の手に依らなくてはなりませんし、取引自体は当然、企業と企業、人と人の関係に成り立っていますから、機械とシステムはそのお手伝いができるだけです。
機械とシステムは、従来のお取引形態に基いて、更なる取引発展のお手伝いをいたします。 iMartのご利用によって、商取引の迅速化、ビジネスチャンスの相互利用、営業や仕入コストの削減、ビジネス機会防止が可能となります。
削減できた人的・資金的資産を更に重要かつ戦略的な分野に再配置できることが本当のメリットではないでしょうか?

今後、通信技術の発展、通信コストの減少、製品ライフサイクルの短期化、インターネットの更なる普及が見込まれています。こうした環境変化はeコマースの発展を一層促進させると予想されます。最早そのような時代になっているのです。 IT(情報技術)分野で先進的なあるコンサルティング会社は、「インターネットは一般の経営者が想像しているよりも格段に広く・深く・速く進行し普及している。この事実を理解し、素早く対応できない経営者は、企業を危機に導く危険性がある」と警鐘を鳴らしています。
事実、eコマースを中心としたビジネスは、様々な形をとって「待ったなし」で進んでいます。 他の業界や他社の動向を見ながら判断していくという従来の意思決定方法は早急に見直さなければならなくなっているのではないでしょうか?

iMartは、特定の企業に偏らないオープンで中立なマーケットを提供し、国内のみならず海外のマーケットともリンクしているので販路や仕入先の開拓が容易になります。 また、検索から発注までの容易な操作性の他、サプライサイド・バイサイドのそれぞれに便利な機能やサービスを用意しております。
詳細は「iMartの紹介」をご覧下さい。

トップに戻る

質問5
実際にiMartで取引を始めるのに何が必要ですか?

答え5

バイサイド(購買者)は、インターネットに接続する用意が出来ていれば、iMartに登録するだけで参加いただけます。

サプライサイド(販売者)は、インターネットに接続する用意とiMartへの登録の他に商品の電子カタログが必要になります。電子カタログは、資料を用意頂ければiMartにて実費で作成いたします。

トップに戻る

質問6
iMartに参加するのに,社内の体制は従来の通りでよいのですか?

答え6

基本的には従来の組織で問題なく運用可能だと考えております。 ただ、実務的には、見積の問い合わせやeメールによる担当者への連絡、価格変更等が日常的に発生します。これらの対応を十分に行える担当者をご用意していただくことは必要です。

従来の社内購買手順(例えば購買担当者と責任者との組織的関係)を踏襲されるご判断でしたら、その手順を当システムで設定できるようになっています。また、この際社内の仕組みを見直そうというご判断でしたら、コンサルテイングチームが現状分析をして、よりよい方法を提案します。

トップに戻る

質問7
実際のパソコンでの操作や、具体的にどの様な手順でiMartの発注 ・ 受注が出来るのか,詳しい説明が欲しいのですが?

答え7

発注については、マーケットの「発注方法について」で詳しくご紹介しております。

トップに戻る

質問8
iMartでの取引方法について、販売側が提示する価格で、購入するかしないかを、決めるだけですか?値段の交渉、支払条件等の交渉は出来ないのですか?

答え8

値段の交渉、支払条件の交渉は可能です。 又、商品やサービス内容、価格等の問い合わせも出来るようなメッセージ欄の他、直接ご担当者へのeメールとリンクすることが出来ますから、問い合わせ、その他交渉なども通常通り行えます。ただし、インターネットによる大きな成果の一つはスピードです。 価格の問い合わせ等で、時間を浪費しない価格・条件設定も大切な要件と考えます。

弊社では、更にコールセンターを設立して、365日24時間、お問い合わせや緊急事態 に対応できる体制をご用意する計画です。

トップに戻る

質問9
iMartのサプライサイドとバイサイドは、単に買手と売手と考えて良いのですか? 何か違う点がありますか?

答え9 厳密にお答えすると通常における取引の買手・売手と違う点があります。しかし一般的な理解の仕方で、売側と買側とお考えになって、支障はありません。違う点は、バイサイドは、単にサプライサイドのカタログリストや提供可能なサービスをみて購入するだけでなく、バイサイドとして購入したい品目、カテゴリー、用途等のリスト(買手側の希望カタログリスト、希望サービス、購入希望一覧表など)を作成して、iMart上に提示が出来ます(求むXXなどに相当)。それを見て、サプライサイドが、売る品目価格・条件等で買手側にオファー(売りますXX:YY個でZZ円に相当)が出来ます。相互の条件が会えば取引成立となります。 又,取引の方法は、値段での相対、オークションによる落札、実物交換、契約内容とサービス提供の場所(サービスや人の技術の場合)など、標準的には4種類の方法を用意します。例えば、大量の在庫処分等は、オークション取引の方が適しているかも知れません。これらの選択は、サプライサイドが選択できます。
トップに戻る

質問10
サプライサイド(メーカー、卸売業、団体等)にとって、新しい市場が開拓できるという意味を、わかりやすく説明して下さい。

答え10

永い時間と経験を経て作られた取引関係は、人的、地理的、金融的な関係で発展してきましたが、誰もが全ての市場に浸透している訳ではありません。ある意味では全体像がつかめないまま進展しているのかもしれません。

eコマースは、従来の取引成立課程と全く違った方法でマーケットを拡大してゆきます。原則として、誰でも簡単にアクセス出来るインターネットの利用によって、電子的に蜘蛛の巣の様に、全世界にiMartが急速に広がっています。

バイサイドは、今までの経過と全く関係のない自由で縦横な立場でマーケットに参加されますから、サプライサイドは従来の取引関係にない新たな購買企業として販売できる可能性が拡大します。

iMartのように、従来の枠組みを超えたiMartは、大きな新しい市場となり、参加企業と参加される個人がその利益を獲得することができます。又、大手企業の購入リストやバイサイドの購買リストとリンクし、購入リストに沿って早めの在庫整理を行い、在庫コストを抑えて企業活動のサイクルを早めることなども可能となります。

eマーケットには、"提供したいサービス・製品の内容があらゆる所に行き渡ること"、"取引がスピーディに行なえること"、"在庫の確認が容易なこと"、"事務処理が迅速で正確である"等数々のメリットがあります。これらのメリットによって、時代が要求している多様なサービス、短納期、低価格等の条件を新たに顧客に提供でき、今まで逃していたビジネス機会を逃すことなく、むしろ生かせることができ、市場が拡大されます。

iMartは、インターネットの特徴をさらに生かせる方法を開発しています。
例えば、バイサイドが検索した商品のカタログ画面に、類似商品を提示したり(クロスセル機能)、よりグレードの高い商品やおすすめ商品を提示する(アップセル機能)ことが出来ます。
また、特定の会員企業を選んで新商品情報や特売情報等の情報発信が出来るので、ダイレクトな販売促進も可能です。

 

トップに戻る

質問11
買手側にとって、iMartを利用するメリットは、品揃え、価格競争力が拡充できると言う説明ですが、もう少し詳しく説明して下さい。

答え11

従来のお取引は、永い年月を得て、構築された売手と買手,つまり仕入先と販売先の関係です。会社によって多種多様ですが、例えば、仕入側(購買側)から見た場合、仕入先とは永年の取引・習慣で比較的安定した関係が続いています。

しかし、ディスカウント店の攻勢や、消費者の低価格志向、海外企業との競争激化という大きな経済状況の変革のなかで、更に安く、更に早い納期で仕入できる事が、日に日に要求されてきています。新たな競争力のある仕入先やサービスをどの様に探すのかという問いに対する1つのお答えが、iMartの利用です。

iMartは、従来の取引形態を引き継ぎながら、同じ業種の仕入先(メーカーや卸売業等)を順次増やして行くことが出来ます。「優良仕入先を新たに開拓するのに、これまで1ヶ月かかったものが、2〜3分で可能になる」と言っても過言ではありません。

iMartは国内のみならず海外のマーケットともリンクしますので、仕入先の開拓は海外まで広げることが出来ます。
また、検索した商品のカタログ画面では、類似商品、関連商品が提示される機能も用意されていますので、より豊富な品揃えをしていただくためのツールとして利用出来ます。

トップに戻る

質問12
iMartに興味があり、将来性があるとは考えているが、本当に実益があるか未知数と思われるし、現在の取引先が良い顔をしないと思うので踏み切れないのですが何か良い方法がありますか? 試しに短期間利用する等はできますか?

答え12 iMartは、試しにご利用して評価を頂く為に、短期間の試用のサービスも提供致します。この場合、電子カタログは最少限度の品目をお作り頂き、6ケ月間ご利用頂けます。又、従来の取引先と必要以上のトラブルを避けたいとのお考えは、当然ですから会社名が、マーケットに開示されない方法も用意しています。