ロボットには、工場やペットだけでなく、多様に役立つ大きな可能性がある。

日本の得意なロボット情報・世界のロボット最新ニュース



優勝したKAISTチーム huboの作業の動画


KAISTチームhuboの一連作業動画(1min24sec)コマ落し撮影



参加ロボットの転倒場面集【動画】


2015 DARPA ロボット転倒集(1min 14sec)




google傘下に入ったボストンダイナミックス(2013.12.14)

Google は、ロボット エンジニア リング企業として名高いボストンダイナミクスを取得した。同社は、最高に奇妙で驚くべき機能持つ四足獣のロボット製品で広く知られている当事務所は、近年製品には、の中で、時速29 マイルチーター、 PETMAN として知られている不気味なほど説得力のある人間型電動ロボット、 BigDog上げられる契約ニュースニューヨークタイムズにより、将来Googleプロジェクトマサチューセッツ州ベース会社のボストンダイナミクックス役割不明と報道されている。

アルファドッグ

アトラス

petman
ーーーverge-com(12.14.2013)


Boston Dynamicsの BIGDog


【動画】53sec



ホンダ アシモ 2015年: ジャンプ 走る 踊る 動画



ホンダ アシモ動画(1m45sec)ジャンプ、走る、ボールをキック、踊る



DARPA 競技会の入賞ロボット(27.6.8)他チームの結果


優勝 KAISTのhubo 2億ドル獲得 韓国  


2位 ランニングマン チーム 1億ドル獲得 IHMC ヒューマンマシーン コグニッション研究所 フロリダ アメリカ


3位 500,000ドル賞金獲得 chimp tartan team カーネギーメロン大学
アメリカ

DRC FINALS TEAM STANDINGS・2015
 順位 TEAM  国名 SCORE TIME
TEAM KAIST  韓国 8 44:28
2  TEAM IHMC ROBOTICS  アメリカ 8 50:26
3  TARTAN RESCUE  アメリカ 8 55:15
4  TEAM NIMBRO RESCUE  ドイツ 7 34:00
5  TEAM ROBOSIMIAN  アメリカ 7 47:59
6  TEAM MIT アメリカ 7 50:25
7  TEAM WPI-CMU  アメリカ  7 56:06
8  TEAM DRC-HUBO AT UNLV  アメリカ  6 57:41
9  TEAM TRAC LABS  アメリカ  5 49:00
10  TEAM AIST-NEDO  日本 5 52:30
11  TEAM NEDO-JSK  日本 4 58:39
12  TEAM SNU  韓国 4 59:33
 13 TEAM THOR  アメリカ 3 27:47
 14 TEAM HRP2-TOKYO  日本 3 30:06
 15 TEAM ROBOTIS  韓国 3 30:23
16  TEAM VIGIR  US,ドイツ 3 48:49
17  TEAM WALK-MAN  イタリア 2 36:35
 18 TEAM TROOPER  アメリカ  2 42:32
 19 TEAM HECTOR  ドイツ 1 02:44
 20 TEAM VALOR  アメリカ  0 00:00
 21 TEAM AERO  日本 0 00:00
 22 TEAM GRIT  アメリカ  0 00:00
 23 TEAM HKU  香港
日本は10位が最高順位


DARPA ロボットチャレンジ2015年の参加ロボット(27.6.8)



韓国 KAISTのHuboロボットが優勝


韓国 KAISTのHuboロボット


ドリルを持つHubo

KAISTのHubo ドリル作業

目標位置に穴を開けたHubo

バルブのハンドルを回すHubo

コードを差し込むHubo

賞金の2億ドルの小切手を獲得して喜ぶ韓国のKAISTチーム


参加した日本のロボット



エアロチーム(4本足)日本

HRP2 日本 情報工学

チーム aistのHRP2 クローズアップ

HYdra 日本 東京の複数大学

JAXON 東京大学



各種ロボットと作業の様子



運転するchimp カーネギーメロン大学

chimp チームタータン カーネギーメロン大学

ドリルを持つchimp tartan team カーネギーメロン大学

車に乗る chimp カネギーメロン大学

chimp タータンチーム カネギーメロン大学


ドアを開けるロボット



障害物を超えるihmc フロリダ


階段を上り終える ihmc


ランニングマン ihmc フロリダ

ドアを開き中に入るihmc


階段を上るihmc



階段を上る simian NASAのジェット推進研究所 


瓦礫をどけるsimian

運転をするsimian

NASAのジェット推進研究所 ロボ simian




壁に穴を開けるNimbro(ニンブロ)ドイツ


作業をするnimbro

残骸を片づけるnimbro



レオ アトラス チームトルーパー ロッキードマーチン社



WPIーCMU アトラス ボストンダイナミックス アメリカ


ドリル作業 WPI アトラス


THOR  カリフォルニア、ペンシルバニア、等の複数大学

walkman イタリア


チームMIT アメリカ



ロボット チーターのデモ



日本勢、最高10位と振るわず…救援ロボ競技会(27.6.7)

ロサンゼルス=中島達雄】米ロサンゼルス郊外で開催されていた米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)主催の災害救援ロボット競技会が6日、閉幕した。
ロボット競技会最終日、ガレキの上を歩いて得点した産業技術総合研究所のチームのロボット(6日、米ロサンゼルス郊外で)=中島達雄撮影
ロボット競技会最終日、ガレキの上を歩いて得点した産業技術総合研究所のチームのロボット(6日、米ロサンゼルス郊外で)=中島達雄撮影

 優勝は韓国の大学「韓国科学技術院」のチームで、日本勢は産業技術総合研究所チームの10位が最高だった。

 同チームを率いた金広文男・ヒューマノイド研究グループ長は、「準備期間が短かった。今後も研究を続け、上位のロボットたちに追い付きたい」と語った。
ーーー読売新聞(27.6.7)




韓国ロボットが優勝 米競技会、技術力示す

ドリルを使って壁に穴を開ける韓国科学技術院チームのロボット「HUBO」=6日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
ドリルを使って壁に穴を開ける韓国科学技術院チームのロボット「HUBO」=6日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
がれきの上を歩く産業技術総合研究所のロボット「HRP2改」=6日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
がれきの上を歩く産業技術総合研究所のロボット「HRP2改」=6日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)

東京電力福島第1原発事故などを想定し、米カリフォルニア州で開かれた災害ロボット競技会の決勝戦は6日、韓国科学技術院チームのロボット「HUBO(ヒューボ)」が総合点で首位となり優勝した。200万ドル(約2億5千万円)が贈られる。
 米国やドイツの強豪が上位を占める中、韓国が技術力の高さを見せつけた。4チームが出場した日本は、産業技術総合研究所のロボット「HRP2改」が10位に入ったのが最高だった。東京大チームは11位。
ーーー(共同)産経新聞(27.6.7)



米ロボット競技会、日本ロボット苦戦(27.6.6)

 カートを運転する課題をこなす東京大チーム「JSK」のロボット=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)  カートを運転する課題をこなす東京大チーム「JSK」のロボット=5日、米カリフォルニア州ポ
カートを運転する東大チーム
 バランスを取ってがれきの上を歩く米国チーム「IHMC」のロボット=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
バランスを取ってがれきの上を歩く米国チーム「IHMC」のロボット=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)

 東京電力福島第1原発事故のような災害現場を想定したロボット競技会の決勝戦が5日、米カリフォルニア州で始まった。日本から4チームが出場したが難しい課題に転倒が相次ぎ苦戦した。

米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が主催し、各国から24チームが参加。最も多くの課題を続けてクリアしたチームに賞金200万ドル(約2億5千万円)が贈られる。初日は米国やドイツなどのチームが上位を占め、日本勢は下位に沈んでいる。最終日の6日も同様な課題で競技が行われ、挽回のチャンスは残る。

 米国の軍事技術開発を担うDARPAは競技会を通じて飛躍的な技術の実現を目指す狙い。ただ人間に代わって戦場に行くロボット兵士の開発につながる可能性もあり、実際の応用には懸念も残る。(ポモナ(米カリフォルニア州)共同)

 ドアを開ける課題に挑む日本の産業技術総合研究所チームのロボット。このあと転倒した=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
ドアを開ける課題に挑む日本の産業技術総合研究所チームのロボット。このあと転倒した=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
 競技中に転倒し、担架で運ばれる東京大チーム「JSK」のロボット=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
競技中に転倒し、担架で運ばれる東京大チーム「JSK」のロボット=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同
 
 初日トップとなった米カーネギーメロン大のロボット=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
初日上位に入った韓国科学技術院のロボット=5日、米カリフォルニア州ポモナ(共同)
ーーー産経新聞(27.6.6)




東大チーム転倒し苦戦…災害救援ロボット競技会(27.6.6)

 【ロサンゼルス=中島達雄】米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が主催する災害救援ロボット競技会の決勝戦が5日、米ロサンゼルス郊外で開幕した。

ドアを開けた後、バルブを閉じる操作に挑戦する東京大チームのロボット(5日、米ロサンゼルス郊外で)=中島達雄撮影
ドアを開けた後、バルブを閉じる操作に挑戦する東京大チームのロボット(5日、米ロサンゼルス郊外で)=中島達雄撮影

 東京大など日本の5チームを含む6か国・地域の24チームのロボットが、2日間にわたって、原子力発電所の事故現場を模した場所でがれきを撤去するなどの技能を競いあう。

 初日は、米カーネギーメロン大などのチームが1位になり、ドイツや韓国のチームが続いた。日本勢のロボットは途中で転倒するなど苦戦、1チームは棄権した。

 競技会は2011年の東京電力福島第一原発事故を受け、人間が近付けない場所で作業するロボットの開発を目指して行われている。ロボットに、車を運転する、バルブを閉じる、ドリルで壁に穴を開けるなど八つの作業をさせて、達成度とスピードを競う。

 日本勢は、東京大の3チーム、東京大・千葉工大・大阪大・神戸大の合同チーム、産業技術総合研究所の計5チームで、いずれも決勝からの参加。13年に予選が開かれ、東大卒業生らが起業したSCHAFT(シャフト)社が1位になったが、米グーグル社に買収され、「商業用ロボットの開発を優先する」として決勝戦を辞退した。

 初日を終えた東京大チームのメンバーは「センサーの調子が悪く、ロボットが転倒してしまった。あすは予備機で再挑戦したい」と話していた。
ーーー読売新聞(27.6.6)



最新世界のヒューマノイドロボット(27.4.28)



デパートの案内嬢 千尋明子 


東芝で開発した 千尋明子


ボール モスクワ


教師 さや  東京


ホンコン


ヤニヤン ヒューマノイドロボット 中国


ヒューマノイドロボット 東京


人間のコピーロボット ドイツ


スミソニアン博物館の展示ロボット


寿司をにぎるソフトハンドのロボット 東京
ーーーyahoonews(27.4.28)