故人 マイケル・ジャクソン


i-告別の辞



お別れの言葉

氏名:神奈川県男性(トマト日記)


涙が、止まらない。


シナトラ
エルビス
モンロー
ジョン・レノン
ゲロッパ


彼らのように真の伝説になったけど
そのお別れは



あまりにも早すぎました。


心からご冥福を…


詳しいことは後ほど描きます。
今は何も…

リアルタイムにお葬式を見て、やっと本当だったのかと思うようになってきた。

ほんとは、まだ嘘だと信じたい。
棺の中からぼーーーんん!!と跳ね上げて来てスリラー2009を歌うんだと、、
見ている今この時間でも思いたいし、そう願っている。

世界中で。。。



愛してるよマイコー!!
もう涙が止まらない!!

つらいです


マイケル・ジャクソン追想

氏名:Katie

この7月および10月に再び入院して心臓弁の手術を終えたエリザベス・テイラー77)は、マイケル・ジャクソンについて、今年初めに立ち上げたというTwitter (ハンドル名 @DameElizabeth)に、頻繁に心の想いを打ち明けている。

マイケル・ジャクソンの死の翌日(626日)には深い悲しみを綴り、

『私は全身全霊を込めて彼を愛していた。彼なしの人生なんて想像もできない』

『私の心の中で彼は永遠だ。でもそれだけでは十分ではない。(彼なしには)私の人生はとても空しく感じる』 

『私はマイケルを心の底から愛していた。何ごとも私達を引き離せはしない』 

と嘆き悲しんでいたエリザベス・テイラーは、時の経過とともに徐々に落ち着きを取り戻し、また、自分の心臓の手術などもあって、マイケル・ジャクソンを失った悲しみから少しずつ立ち直っていく様子がみてとれる。

 

This is Itを視聴した直後の1026日は、『神様が彼にくれた才能に心の底から嬉しくて涙があふれた。彼のような人は今までも、そしてこれからも絶対に現れないでしょう』と、30分以上にわたって彼の天賦の才能を称賛し、自分の人生において彼のような天才とめぐり合えたこと、そして、愛し合えたことに深い感謝の念を綴っている。

 

This is Itは、実際のコンサートとは異なり、マイケルの普段の様子や普段のスタッフとの会話、細部にわたる彼自身のチェックやこだわりなどを知ることができる点で、確かに貴重である。だが、映画が終わったあとに感じる空しさ、この複雑な気持ちは、彼がもういないという現実に引き戻されるからだろうか。

 

エイズ患者への社会的差別撤廃のために活動していたエリザベス・テイラー1985頃にマイケル・ジャクソンと会った(Richard Bassett)。あまりにも幼い時からショービジネスの世界で人気者になってしまった二人は、奪われてしまった「子供時代」に対する共通の痛みを持っており、友情が芽生えたとされる。彼女はマイケル・ジャクソンの最悪の時期を含め、変わらぬ愛でずっと支えてきた。さまざまな場所での二人の仲睦まじい姿がマイケルの手による”Elizabeth, I love you"の歌とともにYouTube に収められている(by Richard Bassett)

エリザベス・テイラーは以前、(もし死んだら)マイケル・ジャクソンの隣に埋葬されたいとも述べている。Elizabeth Taylor wants to be laid to rest next to Michael Jackson. 彼女の決して癒されることのないであろう深い悲しみと純粋な愛が痛いほど伝わってくる。




マイケル・ジャクソン

氏名:青池奈津子のブログ


夜になってようやくテレビでメモリアルの様子を見ていますが、

胸がいっぱいで何から言っていいか分からない・・・。

分かるのは、マイケル・ジャクソンってつくづく凄いってこと。

彼へのお別れを言うために集まったメンバーが凄くて、

 

皆の言葉がとても心に染みて

 

素敵な歌声を聞き逃したくなくて

 

本当はもうシャワーに入って寝なければならないのだけれど・・・

 

誰かが、マイケルはとてもシャイだったけど、ステージに上ればマスターだった、と言っていた。

 

マイケルがケンタッキーフライドチキンが好きだったって言う話は何度聞いても笑えちゃう。

 

パリスちゃんの言葉は、世界へが気になっていたことの1つの答えだと思う。

マイケルは、心の優しい素敵な人。ただちょっと不器用で、誰よりも才能があっただけ。

悲しいかな、人は嫉妬心をちょっと嫌な形で露呈してしまうことがある。

 

マイケルが対峙しなければならなかった世間の視線。様々な疑惑。それらは多すぎた。

 

マイケルは、心の目で相手を見ることができた人

 

 

沢山の人が教えてくれたマイケルのエピソードには

Loving」 「Caring」という言葉が絶えない。

 

マイケルがチャリティでギネスに載っているなんて知らなかった。

 

 

もっともっと、マイケルの凄いとこ、素敵なとこ、Lovingなとこ、知りたかったな。

 

 

切に残念でならない偉大な人物の喪失。

今日、アメリカは77日。多くの心にメモリアルとして刻まれたことだろう。

私は、織姫、彦星、マイケルにゃは

 

 

それにしても、スピーチの数々を聞いていると、ハーレムの教会の日曜日のミサみたい。

力強いお話があってゴスペル。

ただし、ここでは神様がマイケルで、ゴスペルのレベルが異常に高いけど(笑)

12歳の男の子のスピーチでさえ、はっきりしっかりずっしり響く。

アフリカン・アメリカンのソウルは、こんなところからも分かる。

 

本当に素敵なメモリアル。






      


マイケル・ジャクソンのi-告別の辞に私も”お別れの言葉”を送りたい。

送信フォーム
(註):世界を風靡したマイケル・ジャクソンを偲び、現在無料で””お別れの言葉”の掲載を受け付けています。


 




i-告別の辞をもっと知る。

i-告別の辞の説明
お申し込み
弊サイトに掲載の文章・写真及び構成等には著作権があります。著作権は日本国著作権法および国際条約により保護されており、これらを無断で転載することは禁じられています。  
Copyright Vans Corp.All rights reserved