世界の最新兵器・ロボット兵器最新情報 P.3  

兵器の開発・最新情報
icon お問い合わせ
 上のサイト内の検索をご利用下さい。
世界の最新兵器:ページを選択する。
ページ選択
3
 

   
 


 ニュース


日本版ステルス機「心神」 装備庁が初公開(28.1.29)

報道陣に公開された先進技術実証機=28日、愛知県豊山町(彦野公太朗撮影)
報道陣に公開された先進技術実証機=28日、愛知県豊山町(彦野公太朗撮影)
公開された先進技術実証機のエンジンノズル付近=28日午後、愛知県豊山町(彦野公太朗撮影)
公開された先進技術実証機のエンジンノズル付近=28日午後、愛知県豊山町(彦野公太朗撮影)

 赤と白に彩られた機体はライトアップされ輝いていた。防衛装備庁は28日、国産初のステルス戦闘機開発に向け、三菱重工業などが製造している「先進技術実証機」(通称・心神(しんしん))を、愛知県豊山町の同社小牧南工場で報道陣に初公開した。「心神」とは富士山の別称。操縦席直下の日の丸の赤もデザインの一部に溶け込んだ。
 同庁の外園博一防衛技監は28日の会見冒頭「(2月以降の)初飛行に向け最終段階となった」と切り出した。平成7年に研究を始め、30万点もの部品を組み合わせ、国産化率9割超の軍用機を造り上げた高揚感が言葉になったようだ。

公開された先進技術実証機のエアーインテイク付近=28日午後、愛知県豊山町(彦野公太朗撮影)
公開された先進技術実証機のエアーインテイク付近=28日午後、愛知県豊山町(彦野公太朗撮影)

 同庁や三菱重工の幹部の説明によると、特徴の第一は、炭素繊維を駆使した敵レーダーに探知されず敵を捕捉できるステルス性。国産成功例は米露中3カ国だけだ。繊維に加え耐熱素材、電子機器、小型燃料装置に象徴されるわが国の得意技術力を生かした点も特筆される。
 強い向かい風を受けても失速せず、旋回半径の著しい短縮を可能にしたエンジンの開発も、担当の重工大手IHIが成功した。結果、軽量化を図り高い運動性を備えた。
 将来、「心神」を基に戦闘機を国産にするか、共同開発に踏み出すかは未定だが、ある関係者は意に介さない。国産力を持たぬと相手にされず、共同開発にも加われない。故に「国産可能段階で防衛技術基盤など国益を勘案し判断すればよい」というのだ。
 ただ、問題は残る。「兵器鎖国」を転換し貿易に乗り出したのに、人材・技術・利益の流失を防ぐ法的管理スキームがないのだ。既に、日本メーカーと手を切り、自社と提携するよう誘惑する外国企業も増え始めている。
---産経新聞(28.1.29)





国産ステルス戦闘機、初飛行へ…実証機で2月(28.1.26)

政府は、敵のレーダーに探知されにくいステルス性能を持つ戦闘機の国産化に向け、初の飛行実験を2月中旬に行う。
初飛行する先進技術実証機(防衛装備庁提供) 初飛行する先進技術実証機(防衛装備庁提供

 実験データなどは、主力戦闘機「F2」の後継機に生かされる予定だ。日本独自の技術を確立し、国内の防衛産業の基盤を維持する狙いもある。

 飛行実験は、防衛省が2009年から三菱重工業やIHIなどとともに研究開発を進めてきた先進技術実証機を使い、愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)で行われる。実証機は全長14メートル、全幅9メートルで、機体の運動性能を高めるため、軽量の炭素繊維が使われている。関連費用は16年度予算案への計上分を含めると、約415億円に上る。

 16年3月に完了を予定している研究開発の最終段階に当たる。当初は14年度中に実験する予定だったが、エンジンの制御システムなどに欠陥が見つかり、先送りされてきた。防衛省は「原因究明と改良により、欠陥は克服された」としている。
---読売新聞(27.1.26)




掲載資料の説明

弊社は、弊社のアーカイブの他に下記の資料を基に、編集の上掲載しています。 著作権には最新の注意を払っていますが、万一著作権を犯す画像、記事がありましたらお知らせをお願いします。 直ちに削除致します。 お問い合わせ
資料元:NASA、ロイター、UPI、AFP、BBC、google、 yahoo、 youtube、軍事 専門サイト、ウイキペデイア等
資料元が明確な場合は、画像や記事の後に---( )で資料元を明示します。




本ページの目次





↑ PAGE TOP